鑑定会 : 第537回


前回の回答は、
無銘(伝 重真)でした。

特徴:備前国長船一派の重真は元重の弟といわれている。
作品は嘉暦から延文頃迄続き、刃紋は逆さ丁字乱れや
景光の様に小ずんだ刃紋が多い。
本作は所々鍛え瑕があるものの素晴らしい体配をした作品で、
元重に近似し、青江気質を混在している。板目肌に流れ肌となり
地班が混じり乱れ映りが表れ小丁字乱れが逆がかり、
帽子は乱れ込んで先が尖り匂口が明るく冴えて、
物打近辺の刃縁や刃中の働きが豊富となり乱れた帽子も
掃掛て先が尖るなど力強い出来の良い作品である。

第537回:今回の鑑定 誰でしょうか?(令和元年5月4日)
================================================

ヒント ※画像をクリックすると拡大します。

刃長:68.4センチ
反り:2.2センチ
目釘穴:3個(内1個埋個)
元幅:2.74センチ
先幅:1.81センチ
重ね:0.72センチ
体配:身幅が尋常で重ねが厚く反りが深く付き
切先が延び心の優美な作品です。
地鉄:板目肌に杢目肌が良く交じり地錵が付き
地景が良く入り肌目が良く現れた肌物を
思わせる作品です。
刃紋:錵出来小互の目に小丁字乱れが続き
刃中、細かな砂流、金筋が働く
帽子、乱れ込んで先掃掛る。

================================================

回答は次回の鑑定会コーナーで発表致します。

================================================
(弊社都合により鑑定コーナーに関するメールには返信できませんのでご了承ください。)


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.