鑑定会 : 第534回


前回の回答は、
康光でした。

特徴:康光は盛光と同様に室町時代初期頃に活躍した刀工で
応永備前の筆頭といえる刀鍛冶です。
特に地金に潤いがあり特に脇差、短刀の制作が多く眺めの刀の作品は少ない。

第534回:今回の鑑定 誰でしょうか?(平成31年4月13日)
================================================

ヒント ※画像をクリックすると拡大します。

刃長:67.9センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:2個
元幅:2.91センチ
先幅:2.16センチ
重ね:0.60センチ
体配:大摺上げで表裏に棒樋を彫り身幅、
重ね尋常でっ反りが深く付き切先が多きく延びる
地鉄:板目肌よく練れて肌立ち地錵が付き強い寿賀ねとなる。
刃紋:錵出来小互の目にのたれ、互の目乱れが混じり
二重刃が刃入り刃中砂流、長い金筋が激しく入る。
帽子:のたれて丸く尖り御頃となり刃中、金筋は刃に沿って現れ先、掃掛となる。

================================================

回答は次回の鑑定会コーナーで発表致します。

================================================
(弊社都合により鑑定コーナーに関するメールには返信できませんのでご了承ください。)


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ