社長の一言(平成31年2月27日)

皆様お元気でお過ごしでしょうか。

三寒四温というよりは三寒五温というべきか、
急激に暖かくなってまいりました。 
今年は太平洋側は雪も雨も少なく今年の暑さが気になります。 
春のサクラももう間近となりました。
静かにサクラの咲く花の下で食事を楽しんだり
酒を飲んで楽しみたいものです。
いやいや私は糖尿病なので飲めませんが。  
いずれにせよ最近の上野やサクラの咲く公園は
サクラの花見を楽しむのではなく、
どんちゃん騒ぎをする若者ばかりです。

最近は嫌なニュースが多いですね。
10歳のお嬢様がその父親に殺害されました。 
まさにこれほど恐ろしい事件はありません。
たまたま生まれてこの家族のお子様となり
反抗する事も出来ない10歳の無抵抗な子供に
暴力の上、殺害してしまった事件は海外のニュースに広がりました。
中国でも多くの方々がこの事件を知り
日本人でなくて良かったとネットで話し合っていると報道されておりました。 
正に許されない行為であり、亡くなられたお子様が
どんな苦しかったであろう心情を考えると
残念無念の気持ちが吹き上げ、どうか安らかに
天国へ飛び立って下さいと祈るのみです。 
お役人が折角子供を悪魔の手から取り上げていながら
自己の保身の為に娘さんを悪魔である父親に
手渡してしまったといっても過言ではありません。
もしこの木っ端役人が強い意志で悪魔の父親と
対処していたならば、この様な問題は発生しなかったでしょうに。
誰からも、守られず、逃げ出す事も出来ない
悲嘆の奈落の底に落とされた10歳の彼女の
気持ちを考えると胸が痛みます。
どうか次の世界では優しい両親の下で生まれてきて下さい。 
日本の大きな恥となったこの事件を監督官庁は厳しく見つめ
今後同様な事件が絶対になくなり、
現在進行しているこの様な事件を徹底的に調査し
二度と子供の虐めが無くなる様にして欲しい。徹底的にです。
私達はこの問題は被害者であるお子様の
虐めの問題ばかりでは無く、親の問題とも考え
教育全般に亘って考えなければ解決は出来ません。  
良い事と悪い事のけじめが出来ていない今の日本では
幼児教育から見直しを行わなければならないと考えます。 
幸い日本には子供達の為の唱歌や童謡、童話が沢山あります。 
著名の作家が子供達の為に作って頂いた音楽や絵本、小説があります。 
それらを利用しながら善悪をきちんと教え込んでいかなければなりません。  
時間はかかりますが日本全体で取り組んでいかなければなりません。
善悪が分かれば親が、先生が、叱れば悪い点に気が付き反省するのです。 
今の日本では善悪が分からない親が何の抵抗も出来ない
自分の子供を虐めて殺害してしまうという
腹の煮えくり返る様な行動が自然にでてしまうのです。  
もう二度とこの様なニュースは聞きたくありません。  
どうか今の大人達が小さな子供達に対して善悪を教えてあげて下さい。 
また親達は子供達を世の中に出して行く教師として
自らを戒め親としての模範をしめそうではありませんか。

JAXA 小惑星探査機 ハヤブサ2号が往路32億キロの飛行を終え
目標の小惑星『りゅうぐう』に27日9時35分(日本時間)無事に
到着したというニュースはわくわくするニュースですね。  
気になるのはそのかかった費用とその後のもたらす付加価値です。 
かつての原子力発電所の核燃料サイクルは
大失敗に終わり、膨大な費用を掛けてきましたが
今後は廃棄する為に又かなりの費用が税金によって
支払い続けていかなければなりません。
この二の舞だけはして欲しくありませんね。 
その素晴らしい技術、心意気が他の分野にも波及し
て遅れている分野が生き生きして欲しいと願わざるを得ませんね。

韓国と日本の問題: のっぴきならぬ情況となりました。
韓国の大統領は北朝鮮との有効関係を結び
その安価な労働力を使って日本との間で
経済競争に勝ちたいと願い、また北朝鮮の核を上手く利用
しようと願っていると考えます。
日本と戦争でも仕掛けようと考えているのかもしれません。
かつてヨーロッパでは大航海時代を迎えて
イギリスは米国、カナダの一部、オーストラリア、南米の一部
インド、中国、ニュージランドを更に中国を薬付けとして
香港を植民地化しました。阿蘭陀はインドネシアを
スペインは南米を。ポルトガルはブラジルを更に中国の一部を獲得。
フランスはカナダの一部、太平洋の一部、ベトナムを、
ロシアはアラスカを植民地化しました。
もっとも米国はそのアラスカを安価で購入しましたが。
こんな中にあって日本はフランス、米国、ロシア、ポルトガル、
阿蘭陀からなぜ植民地化が出来なかったのかは
植民地化された国々とは大きく異なっていたからなのです。 
日本には文化の高さ、政治もしっかりとしており、
侍は大小二振りの刀を腰に差していた事もあり
事実薩摩戦争など外国と戦った実績もあり
外国からの隙を見せなかったのではないかと思います。 
今米国が朝鮮半島から軍備を撤退すれば
日本に取って極めて危ない情況となるでしょう。  
ある程度のしっかりとした軍備が必要であるのかも知れません。 
韓国は竹島を占有し、将来は対馬は元は自分たちの島だと
言ってくるかも知れません。竹島を占拠した時はすんなりといったぜ。
等と話し、次は対馬が狙われるかもしれませんね、  
そんな事態となった時に米国は助けてくれるだろうかと考える昨今です。
ある程度の武力を持つ事と言葉によって
多くの国々に宣伝活動をしっかり行い戦争の愚かさを常に大きく唱え
戦時国に対しては正義感を持って戦争交戦国に諌める事で
早期に交戦をやめさせる外交努力を積み重ねていかなければ
戦争に巻き込まれてしまうかも知れません。 

今、無人の自動車、タクシーが動き始める時代となりました。  
将来10年後の話ですが。例えば二台の無人運転の車が衝突しました。
1台は大きな声できさーまが悪い、きさーまが悪いとはなし
1台は私は正しい、私は正しいと大きな声を出しておりました。
無人の警察パトカーが現場に迎えるなかで
人工衛星から流れる画像を見ながらロボットが解析し
又流れてきた車内の画像を点検し現場の到着して
即座に事故を起こした車に繋いだところ
言語障害を起こしていたおおきな声できさーまが悪い
といっていた車は私が悪いと編成の言葉がでました。
警察での処理は罰金で済みさらに保険会社に連絡が付いて
保険会社同士での解決は実に単純に処理されました。 
乗っていた人物は即座に病院にいきましたとさ。
これから想像以上に無人化は早まるでしょう。

先日姉妹のお客様が薄錆の脇差を持参され売却したいとはなされました。
銘は越前新刀の真面目な作品でがっしりとした作品で
互の目乱れを焼いた立派な作品でしたが
一部判読出来ない部分があり調べるとかなり時間を要しますので
持ったいないから売却を辞めてお父様の遺品としてお持ちになる事を進めました。 
私が30分程拭い直したところ殆どの薄い錆は取れて
綺麗な地金と刃紋が出てまいりました。
お客様も喜ばれ又日本刀の関して蘊蓄を述べたところ
賛同され売却をせずに御持ち帰りになりました。
がっしりとした脇差ですのできっと将来にわたり大切の保存されるでしょう。

贋物の現代刀について
最近目立つのは現代刀で高名な無鑑査、
人間国宝などの偽名の作品が出回っている様ですので十分に気を付けて下さい。 
注意する点は制作者の県で発行されている作品かどうか
更に鑑定書が付いていない場合は保存刀剣を
保証してくれるかどうかを聞きただし、
了解を受け更に相手から確証出来る文章などを受け取っておく必要があります。
問題がこじれた場合に役に立つでしょう。
かなり巧妙に又極めて出来も良いので簡単に引っかかってしまうのです。 
ひっかかる自分が悪いのですが
嫌な気持ちにさせられますので保存刀剣が付いた品物を購入して下さいね、ね、ね。

先日メールで連絡をされたお客様から
自宅で父親が保有していた刀(軍刀入り 法華三郎信房) を
電話で警察に電話した所、軍刀は保有出来ないので
取り上げるといわれ困っているとのメールがありました。

私の返答: 法華三郎信房は昭和戦時中に制作された
宮城県の刀工で了雲と称し間違いなく上手な刀工で
その流れを汲んで現在無鑑査刀匠となり
その息子さんが今でも刀を制作されております。
作風はことなり現在は柾目の作品のみを制作しております。
結論から云いますと、問題なくこの刀は没収される事なく
保有する事が出来ます。
もし警察で没収される事態となった場合は
名刺を頂き警視庁に相談下さい。
私が心配するのは過去軍刀をこの警察官が没収していたのであれば
極めて由々しき問題であり、日本刀を大切な日本の文化財と
考える私達にとってとても悲しむべき事です。
どうか正しい知識を持って頂きたいものです。
問題が発生したならばこの様な事を示して良く話して下さい。
お父様の遺品として軍人として日本の為に戦った
陸軍将校の保有する刀を貴重な、あなたの財産です。
どうか大切になさって下さい。

それでは皆様御機嫌よう
老人を労りましょう。おじいさん2枚はいてる
股引の1枚は取り去りましょう。
元気に生きましょう。私は取り去りました。
おとうさん! お母さんを大切に温泉にでも連れてってあげて下さい。
お子様方には厳しくて丁寧に根気をもって
将来に動機付けを行って下さい。
受験を終えたお子様悲喜こもごもでしょう。 
受験に落ちたとしても今度悔しさをバネに頑張って下さい。
人生は運命によって動かされているのです。
辛かった事はきっと役に立つ事なのです。 
励ましてあげて強い動機付けによって次の挑戦として頑張って下さい。
人生は長いですから今自分は何をするべきかを考え
過去を振り返り現在を沈思黙考し将来を見つめて頑張って欲しいのです。
私も自分自身を振り返りよくここまで頑張ってきたなと
有森裕子さんがアトランタオリンピックで胴メダルを取った時に
自分で自分をほめたいといった言葉が頭の中に残り言葉にしております。 はい

日本の政治を良くする会ドンキホーテ  会長 鶴田一成


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ