社長の一言(令和3年元旦)

今年は激動の年となると言われております。コロナによって世界が大きく変化していく時代です。それに合った仕事が求められる時代なのです。

リモートによって他府県でも仕事ができる時代、公平さが求められる時代

すなわち今までの公平さではなく実績や創造性すなわち会社であったな ら能力を出し切れる者とそうでない者とが明確に選別される時代となったのです。 創造性があり又発明、発見、による対価が求められる時代、平たくいえば会社にいくら儲けさせてくれるのかが公平さの基準となるのです。会社でもアルバイトを認める時代へと変化が急激に起こっております。 能力のある者が会社を動かし激烈な競争社会で勝ち残り経営を継続又は発展させなければ大きな企業でも他の企業に飲み込まれてしまうのです。  能力のある学生が必要でこれからは飛び級や会社では有能な能力を持った人物が三段跳び四段飛びで評価される時代へと変わらなければなりません。海外では当たり前の評価が日本は年功序列で会社を運営してきました。 会社がどんどんと延びている時代はそれも良いでしょうが今は油断も隙もない時代です。 会社の社長が必要なのはどの社員が又部外の会社から極めて有能な人物を企業の経営や業務に当たらせる事ではないでしょうか。 そのような観点から考えると是からは実力主義

の時代へと日本は変貌したのです。  やる気のある人々が評価される時代となりました。 会社員はいつまでもその会社に止まれる時代は終ったのです。 自分自身のやりたい事を今から研ぎすまして能力を高めていって欲しいのです。やがて会社を辞める時に自分が磨いた能力を生かして

行く時代があるのです。 コンピユーターに秀でた者は会社にとって必要欠くべかざる人物です。 今後海外から多くの能力を持った人物が日本で

厚遇される時代なのです。 この事を理解し頑張ってもらいたいと考えるのです。 わくわくする時代ですね。若い人たちは将来を見つめて30代、40代50代60代、70代、80代になったなら何を仕様かと考えて下さい。過去を見つめ現在を見つめその変化を確認し将来を分析し行動していって下さい。

辛いときは一人静かに日本刀を抜き静かに見つめ当時の武士は苦難に至った時どのように過ごしたのかを問いながら日本刀から勇気をもらい

覚悟を決めて進んでいって下さい。 男なのですからどんな苦難にも歯を食いしばって行動すればたいていの事は解決出来るのです。

ご老人を大切に

奥様を大切に、時には温泉にでも御連れ下さい。

お子様には動機付けを行い興味を持たせて下さい 自然に興味を!

人に対して親切で笑顔があり質素である、お子様に育てて下さい

皆様それでは御機嫌よう  本年もよろしくお願い申し上げます。

日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田一成


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ