社長の一言(令和2年5月29日)

皆様お元気ですか?そろそろ入梅のシーズンですね。
日本はコロナからようやく脱出出来る状況となりました。
気候が夏の暑さとなり湿気が多くなったのが原因の一つと言えます。
やがて秋や冬に再復活してくるかも知れません。

コロナによって私達は大きな制約の中で
三密の生活を過ごせざるを得ませんでした。
自宅で待機させられたり、
自宅でネットを通じて会社と連絡をとり
会議を行うのもこれから当たり
前の業務となっていくのかも知れません。
テレビやラジオも自宅から発信させ
わざわざラジオ局やテレビ局迄行かないで
報道や放映が出来る様になりました。
音楽関係者も同様で立派な音楽が
自宅から全国ネットで放映されております。
学校での授業もこれからオンラインでの授業が行われるでしょう。
テレワークは会社と自宅との通勤が無くなり
かなり通勤者にとって好感されておりますが
会社での処遇や人事評価にもどの人物を評価するべきか、
給与。ボーナスの仕組みに迄大きく影響されるでしょう。
家の中で会社の仕事をこなす人々にとって
電車通勤も、なくなり、好きな時に好きな行動を取れる
メリットに気が付いたのでしょう。
ネット配信は例えば北海道から沖縄迄は離れていても
会話や会議が出来るのですから、
自分の好きな場所に住んで仕事ができるのです。
自宅で飲み会を行う事も当然となり、
酔っぱらって電車に乗る事もなく
眠ければそのまま自宅で寝転んでしまう事も出来るのです。
これが全く当たり前の様に仕事として取り入れられば
なにもごみごいした東京ではなく
好きな所に住み東京近郊で2DKに住んで
通勤で1時間かけていく必要も無くなります。
パジャマのまま仕事を行い
風呂にでも浸かりのびのびと仕事ができるかも知れません。

現在東京で2DKに住んでいる方が田舎で5LDに住み
ゆったりとした生活が出来、子供とも接点も大きくなり
隣との壁も気にせず生活が出来るのは素晴らしい事です。
小さな民間のアパートに住むサラリーマンが
隣の音や下の家屋に心配し、
赤ちゃんの鳴き声を気にしなければならない
東京の生活を変える大きなきっかけを含んでいるのです。
通勤地獄で1時間半もかかり
往復で3時間を無駄に過ごさなければならないサラリーマン諸君、
君たちは今こそ、よりよい日本を作るために
動き出さなければならないのです。
さもないと60歳の定年迄さらにその先迄
厳しい生活をしなければならないのです。

これによって東京を脱出する人々も多いかもしれません。
日本が遅れている現金決済はこれからネットでの決済へと変革し
印鑑での書類の受け渡しも今後は無くなるかもしれません。
霞ヶ関の硬直した御代官様の対応も国民にとって
何が大切なのかを勉強する意味でも
このネットを使用したならばどれだけ有効なのかを考える機会であると考えます。
後手後手に回った今回のコロナウイルスは実に貴重な体験として生かし、
今から今後この様な事件になった場合はどうするべきなのかを
重要な資料として蓄積し他省庁との強力体勢をしっかりと構築して欲しいですね。

おや!今地震がおきました。関東大震災は必ずやってくるのです。
全ての省庁が一丸となって即行動が出来る様な
体勢が作られなければなりません。
これからはみっともない行動は行わないで頂きたいものです。
今政府は公明党との共同で国民に対して
バラまきとも思える国民に10万円を給付し始めました。
貰わなくても充分生活出来る人々は我慢をして頂きたいものです。
富裕層の方は名誉職として又 
誇りとして辞退をして欲しいのです。
困っている人々に手を差し伸べて下さい。 
東北地震があった時台湾政府は253億円の見舞金が送られ
又台湾民間人からも巨額なお金が
被害に合われた人たちの見舞金として送られました。
所得制限を設けるべきです。 
政府は今後は大学生にも広めるつもりだそうです。 
アルバイトが出来ず20万円欲しいという事です。
大学という学問の頂点に立つ学生がアルバイト代金を欲しい、
だから国民の税金から出して欲しいという事です。
私はそれよりも授業料の免除や宿泊での家賃を国で討議し支払う。
を先に行うべきなのではありませんか。
大学の貴重な学生時代をアルバイトで生活し、
ほとんど学校に行かなくても卒業が出来る学生に
果たして政府はアルバイト代を支払う義務はないと考えます。
食事をしたりライブに出かけたりする料金を
国民が支払う必要はないのではありませんか。
学生は本来学校で学びその知識を糧として
国を支えていかなければならないのです。
国外の大学でアルバイトを認めている国は少数なのです。
今政府がやらなくてはならないのは
倹約であり、又出さなければならない所には
潤沢に支出する事なのです。
無駄な支出は絶対におこなってはならないのです。
国会議員の数を削減し国民の模範を示す必要があるのです。
米国のTVA政策の時代とは異なるのです。
(最も将来は有能で国民の為に行う政治家がいたならば
日本列島改造計画を行う必要があります。
但し今の政治家に任せると、とんでもない事になるでしょうから………)
色々な意見はありますが1100兆円の借金は
減らすことはどんなに頑張っても不可能なのです。
インフレに持っていけば政府の借金はチャラにするとは
考えてはいないでしょうが、
これからの世界経済はかなり厳しいと私は考えております。

先日テレビの討論会で医療関係者が院内感染は無くなりません、
と話され私は驚いてしまいました。
やるべき事は確実に行えばある程度はわかりますが
全く現在の病院の無防備の中でこの様な事を
平気で話す態度に驚いているのです。
10日程まえある大学病院に行ってきましたが
驚いたのは入り口近くにアルコール消毒の為のスプレー瓶がおいてありました。
本来緊急宣言の為多くの店が閉まっている状況なのです。
まずやるべき事は防護服をきた職員が病院に
こられる人々には熱の有無をを認し
アルコール消毒を人々の手に噴霧させる事なのです。
これはお医者さん、看護士さんその他病院に来られる人々、
患者さんを含めて実施すれば恐らく院内感染はかなり防げるのではないですか。
病院に入る人は必ずマスクをさせる。
この様な行動を行った上でテレビの討論で話すべきなのです。
その大学病院では従業員一人をタクシーの乗り場で
お客様の乗り降りの手伝いを行っておりました。 
勿論悪い訳ではありませんが、やるべき事を優先させて欲しいですね。
コロナの影響で交通機関がずたずたになっており
海外からの観光客は途絶え、それにとまなって旅館や
ホテル航空会社、新幹線や他の鉄道、レンタカー
飲食店の経営者の中には自殺者も出ているのです。
その最中に黒川検事長と新聞記者との麻雀賭博です。
新聞社や週刊誌等は事あるごとに報道の自由だとか
秘密をまもる義務があるなどとぬかしますが
国民に対しては嘘を言わず事実を告白するべきです。

黒川検事長辞任は政府の独断で黒川検事長の定年延長を決めて
法案提出が行われこれに反対する多くの国民が反発し
数多くの政府に対する反対署名が多くなりました。
元法務省官房長堀田力氏も(東京地検特捜部検事として
ロッキード事件を捜査した)堀田力氏も反対を唱えていた。
なぜ多くの反対があるにもかかわらず彼を強引に定年延長をさせるのか、
国民は誰もが承知している様に加計学園、
森友学園の様な事件に関して手心を加えさせる為であったと
いわれても仕方があるまい。
驚くのは新聞社の記者と賭け麻雀をし
かもコロナが流行し、三密を避ける為に国民は家で籠っているなかでの事件に
開いた口が塞がらないのです。新聞でも毎日の様に
三蜜を無くそうと言っていたではありませんか?
それは嘘ですか?又検事長は検事やその他の職員に対して
麻雀賭博は行っては行けませんと、職員に対して話していたではありませんか。
当然過去から長い年月を通じて賭麻雀は行われて来ているのは当然です。
わざと負けて情報をとるなんていうのは
新聞社にとってはそんなのは、あたりまえであったと考えられます。
しかし又もや事件を有耶無耶にしてしまうのは火を見るよりあきらかです。
検事とは犯人を起訴する為の正義の味方黄金バットでなければならないのです。
悪を退治する。そもそも、その頂点に立つ黄金バットが
賭け麻雀をしていて金銭を受け取るかわりの何らかの情報を流していたのです。
政府も彼の知恵と人間性の悪さを感じ取り
都合良く動いてくれる人物としてながく登用させようと考えていたのでしょう。
不思議な事はこの事件が二階堂氏が国民の反対が多いので
政府に忠告し、撤回をさせました。
その次の日の週刊文春にその事実が公表されてしまいました。
あまりにもタイミングが良いので驚いております。
まさか警察はこの事件をうやむやにする訳ではないでしょうね。
防衛庁で麻雀賭博を行った職員が罰則で処分を受けているのですよ。
その処罰を行った代表格の黒川検事長が処分されないでは済まないでしょう。
彼は賭博罪で処分もされず巨額な退職金を国民の税金から支払われるのですよ。
約6000万円の現金が支払われるのです。
真面目に働いておられる検事さんや法務省で働いておられる皆様方は
きっと砂を噛む様な気持ちでこの経過を見ておられると思います。
なんとかならないでしょうか! 
お役人の皆様どうか国民の為に働いて下さい。
自分たちの保身の為に自分たちの組織をまもったり
政府の為に正義を破ってはならないのです。
でも今回の事件で国民が立ち上がり法案を撤回させたのは
ごく一部の国民ですが多くの人々が賛同して法案を
撤回させた事実は将来に期待ができます。
政治を変えるのは結局は国民一人一人の決意でしかないのですから。

今香港で大変な事件が起きております。
国民や学生はこれからの自分たちの生活を守る為に
立ち上がり戦っております。
私達も正しい事を正しいといえる国民になろうではありませんか。
このコロナの問題はこれからの日本の政治、
経済に大きな影響を残しました。
悪いばかりではなく日本の問題点をえぐり直し
私達がとっくに取り込んでなければならなかった政府、
会社、学校と細部にわたっての問題点が一気に吹き出されたのです。
ある者にとっては千載一遇のチャンスと捉えている人々もいるのです。 
政治、経済はコロナの流行によって大きく変化をきたしたのです。
阿部さんがこの度のコロナは日本人の国民性によって
命令する事では無くコロナを終着させる事が出来た。
と話しておりましたが、果たしてこれで良かったのでしょうか。
多くの経済的犠牲を国民に求め多くの人々がコロナで亡くなりました。
多くの人々が家に閉じこもらなければなりませんでした。
火事が発生した時は直ぐに消し止めればぼやで済んだのです。
台湾がそうでした。
早い段階で冷静な判断をして強引に手を打っておけば
これほどの被害をもたらす事は無かったのです。
現在日本が比較的安定しているのは日本が海に囲まれている、
日本人がお上から従順さを求められている事、挨拶は離れて頭を下げる、
玄関では靴を脱ぐ、風呂には良く入る、
寝室は奥様とダブルベッドではなく
布団で一人一人休まれるなど文化の違いがある。
団体行動が好きで学生服を着て行動をする。
よいか悪いかはあまり分かりませんが
自己主張をしない民族だといえます。 
阿部さんが海外に向けて絶賛する様なものではありませんよ。
もっと素早い行動をしておけばこの様な膨大な支出や
コロナでの死亡等は大きくならなかったでしょうし
学校での一斉休校などの馬鹿げた騒動はなかったと思います。
コロナ、の発生で海外からの旅行者は激減しよくなっても
この余波は今後相当の期間影響を与えると思います。
来年の夏に行われるオリンピックにも、
かなり影響が出ると思いますし、
コロナは完全に終結しているのかは分かりません。
経済は今後相当な影響が出てくるでしようから安穏としてはいられません。
しかしコロナの影響で今後ビジネスのあり方、
生活のあり方が考えられない程変わってまいりますので、
若い方々は褌を紐を締め直して沈思黙考、
日本刀を見つめながら(葵美術で売っています)
勇気を貰い明るく立ち向かっていって欲しいのです。
きっと活路はある筈です。
私も今良い方法を考えている所です。

当社はコロナの問題中ずっと店を一部締めて営業しておりました。
お客様がお見えにならないのは寂しいかぎりですが。  
コロナによって大切な日本刀を処分したいと言われる方がおおかったですね。
それぞれ愛着を持っての御処分ですから
やりきれなさを禁じ得ませんでした。
御委託品も多くなってきたのも一つの変化と言えます。
出来るだけ御委託でお預かりして高値で販売する様に努力を致しました。
業者の集まる市場も殆どが閉まり取引が出来ない状況でした。
皆様三密を避けてあんみつ、みつまめ、はちみつを食べながらのんびりやりましょう

それでは皆様御機嫌よう
お子様には厳しく躾けをし、動機付けを行いより良い方向へと育てましょう
旦那はん。奥様は疲れておりますので何か手伝ってあげて下さい。
易しい料理や後片付けなども良いのではありませんか
おじいさん、おばあさんには丁寧な言葉で接してあげて下さい。
入梅で雨が降る時散歩がてら
公園を歩くと見事な大輪の紫陽花がみられます。
鬱陶しい雨の中で楽しんで下さい。

日本の政治を良くする会  ドンキホーテ 会長 鶴田一成


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ