社長の一言(令和元年5月31日)

早いもので寒かった季節が嘘の様で
沖縄では梅雨に入りこれからは
日本列島も梅雨へとまっしぐらです。 
今年の夏はかなり暑くなると予測されております。

令和となり国賓としてトランプ大統領が初めて
来日する事で破格のおもてなしがなされました。
注目されるのは天皇陛下と妃殿下のおもてなし。
皇室外交でした。お二人ともに海外留学があり
通訳を付けない状況の中で
常にトランプ大統領夫妻をリードされておられました。
妃殿下の笑顔が美しく、又天皇陛下の態度が
堂々としていたのが印象的でした。 
これからは日本の皇室外交ばかりでなく
国内の国民に寄り添ったお仕事がなされていく事でしょう。
私達は素晴らしい天皇陛下と妃殿下に
誇りを持ち続けていきましょう。

米国と中国の対立が激しくなり
米国が知的財産の保護に乗り出し
ファーウエイの使用を禁じ、又外国の製品に
中国の部品が使用されていた場合に
高関税がかかるというトランプの禁輸措置が
大きな問題となっております。
中国は世界の基軸通貨であるドルに対して
中国の通貨を各国に浸透させようとしはじめました。
今後どのような方向へと動いていくのか
注視したいですね。多くの中国人が
海外で活躍しておりますので
今後は貿易決済で中国の通貨を使用する様に
ゴリ押ししてくるかも知れませんし、
レアメタルの販売に制限をつけてくるかも知れません。
それほど中国の威力が世界的に
強まっているという事でしょうか。
驚くのは日本の中国に依存する貿易の額が
想像していた以上に巨額であった事に驚いています。
スマホなどの部品に日本製が、かなり多く
使われていた事があげられます。
国民の中には日本経済は中国には
あまり依存していないと言われる方もおられます。

中国で製造された日本製品が
第三国又は国内への輸出額は多くはない。
中国への輸出はGDP(国内総生産)比3%以下、
投資は1%強でしかない。
また中国の労働力人口が2013年にピークを来たし
人口抑制のための一人っ子政策により
今後急速に高齢化をしていくと考える
方々も多いし、労働力としての供給が少なくなれば
賃金の上昇につながり、製造工場としての
中国の魅力はなくなり、成長は続かない
という説もありますが、あの勤勉な中国人の
能力を侮ってはならないというのが私の意見です。
日系製造業の中国における売上高は10年度には
18.5兆円となっているのです。
日系企業は売上高を確実に伸ばしております。
人口13億の国家であり、国民の所得をかなり
上昇しておりますので、日本企業にとって
品物を販売する巨額なマーケットしての役割が
大きくなり、日本国内の需要の減少を大きく
カバーし始めたのではないでしょうか。
これから中国は医療、食品、建設、快適な住まい、
それに付随する様々な商品を販売する事が
出来る巨大なマーケットなのです。

一方日本は人口の減少、老齢化、が叫ばれておりますが
抜本的な対応策もなくなるように任せると
政府は決めているのかも知れません。 
文部省を大きく変えて質の良い学生を育てる為に
どうするべきか真剣に考えませんと
他国にどんどんと抜かされていきますよ。 
海外から有能な人物を日本国内に移民させ、
日本人になってもらうなどと
荒唐無稽な案が必要なのかも知れません。 
無能な人物を移民したならば日本の将来は破滅です。
「結婚しなくていいという女の人が増えている。
お子さん、お孫さんには子供を最低3人くらい
産むようにお願いしてもらいたい」と
五輪大臣を失言して辞めていらい
又無責任な言動を話し顰蹙をかった桜田さんの
言葉を聞いておりますと反論したくなるのです。
産みたくても産めない事情があるのです。 
現在家族は共働きをしなければならず、
長時間の電車通勤、残業の多さ、家に変えれば
狭い住宅環境が待っており
夜の営みすら狭いアパートでは難しい
という状況を政治家はもっと真剣に
考えなければならないのです。
その為日本人はギスギスした、
イライラが常に溜まっているのです。
電車の中でのトラブルが多いのも
この狭い居住環境と満員電車の中で
揉まれながら通勤するサラリーマンがいるのです。
日本で働くサラリーマンはほとんどが
公務員や大企業で働く恵まれた人々ではありません。
一般の中小企業で働き民間の安アパートで
生活をしているのです。これではとても
先進国とは言えないのです。
もっとも、日本人の中で日本は
先進国と考えている人は極めて少ないと思いますがね。
政治家の皆様、特に野党の皆様は
一般労働者の方々の生活を良くする為に
大きな計画や提言を国民に発しなければならないのです。
又その為にお金を稼ぐ為(税収を挙げる)には
どうするべきかをもっと真剣に発してもらいたいのです。
今のままでは野党は国民の支持が
どんどんと下がっていきますよ。

昨今老人の交通事故が多発しております。
特に老人の運転事故に関しましては
世間から大きな批判がでております。
どうか安全運転でお過ごし下さい。
老人は確かに認知度も悪くなり動作も緩慢となります。
瞬発力もなくなります。くれぐれもご注意ください。

お店で
初めて日本刀をご購入されるお客様は大変重要なのです。
この一振りの出会いを私は大切にして
差し上げたいと考えております。
先日初めて日本刀を購入しようとする若者が
あれこれと迷っておられる様子に
私は出来の素晴らしい当社のネットで
販売している作品を紹介致しました。
あなたにはこの作品しかありません。
と強引でしたが私は間違ってはいないと確信しているのです。
一期一会(いちごいちえ)という気持ちで
ご紹介させて頂きました。出来の素晴らしい作品で
健全な拵付でしたのできっと末永く保存されると思います。
特に初めてご購入される作品ですから
その出会いはとても重要であると考えるのです。 
将来きっと初めて購入された作品を眺めながら
その出会いをきっと懐かしく想像されると思います。
日本刀をご購入されたお客様は
その刀の魅力を充分に堪能して下さい。
けして次から次へと購入してはいけません。
良く刀を理解してからでも遅くはありません。

先日外国人から私にあてて外国よりメールを頂戴いたしました。 
彼の強いクレイムは当社で販売している
在銘一文字が偽物では無いかと疑っているのです。
びっくり致しました。
実はこの一文字の押し型が弊社の押し型と
刀剣博物館でとられた重要刀剣の押し型
および、ある著名な先生の押し型がまるで
異なっているというのです。
皆様も良く比較して下さい。

この押し型を並べてみます。 
特別重要刀剣 吉岡一文字

1: 重要刀剣図譜より引用        著名な鑑定家より引用


葵美術で描いた全押し型

私の意見
1.重要刀剣の押し型:かなり雑に描かれています
この押し型の刀でしたら特別重要刀剣には例え在銘でも合格はしません。

2.帽子の刃紋が全く異なりますし、
全体の刃紋から室町時代の則光、盛光
あたりの作風で刃紋の複雑な
部分が略されてしまっております。

3.当社の押し型は実に丁寧に制作されておりますので
刃中にの詳細な部分も見てとれます。なおこの両面の押し型には
約5時間程を費やして当社の職員が制作しました。 
完成した時に良く出来たと褒めました。

私どもが取りました押し型は3番目で、
1番は刀剣博物館で制作された押し型、2番はある先生の押し型です。 
私もその押し型を見て唖然としてしまいました。 
私どもがとりました押し型は現在でも良くとれていると考えます。 
外国人から指摘された件を検討しましたが良く観察されていると思いました。
2番目はご自身で本から見附け出したと考えます。 
お客様には自信を持って私どもの押し型が
最も優れているとご返事をいたしました。
決して自慢する事ではありませんが、
押し型は出来るだけ丁寧に制作しませんと
この度の外国人から指摘される事になるのです。 
私どもは偽名であってもお安い脇差程度でも
必ず該当する品物の押し型をご購入されるお客様に添付いたしております。 
ときには面倒臭くなりますがお客様が押し型を良く見て頂き、
刀身を裸電気に翳して刃紋をご覧頂き押し型と電気でみた刃紋とを
比較して刀を見る時には常に刃紋を見てもらい
目を高めて頂きたいと、願っているのです。
残念ながら刀剣博物館で制作された押し型と
その他の押し型は私に取って評価の出来ない押し型と考えます。
外国人には押し型に関しまして説明しましたが
分かってくれるかどうかは実物と押し型を同時に見なければ分からないでしょう。
ネットでも画像をや刃紋の写し方を誇張したりして、
載せている画像も多く皆様方におかれましては十分に気を付けて下さい。
又押し型の制作はご購入されたお客様が
自身の刀の刃紋を良く見る習慣を保持して頂くために制作しております。  
とかく購入した後よく鑑賞もしないで次の刀を購入される方を多くみております。
良く刃紋と押し型を御覧頂き、刃紋を見る習慣を身につけ
完璧に刃紋を見る習慣が出来てからじっくりと
次の刀を探すゆとりを持って下さい、拙速に過ぎない様にゆっくりと選んで下さい。

それでは皆様お元気でこれからの暑い夏を乗り越えていきましょう。
オジイ様、おばあ様を労りましょう。
奥様を大切に。時には一緒に出かけたり
お食事を作ってあげたりしましょう。
お子様には厳しく、やって良い事とやって悪い事の
けじめをしっかりと教え将来の動機付けになる事に目を向け、
なぜ、なぜという言葉に丁寧にゆっくりと説明をして上げて下さい。 
優しい思いやりのあるお子様に育てましょう。
それではみなさま御機嫌よう。

日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田一成


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ