日本刀の勉強 #3

今回は刃中の働きと刃文について解説いたします。

①刃中の働き
焼入れ時における、焼刃の土の量や焼き入れ温度の違い、また地鉄の鍛えや組成の影響を受け、
刃中(匂口から刃先側)に多彩な模様が生ずる。これらを刃中の働きという。

②刃文
焼刃の形状のこと。刀身に見る事ができる白い波模様で、
主に直刃と乱れ刃が基本です。
様々な種類があり、刀工、時代、流派等により特徴が異なる。
鑑定や鑑賞の上で大きな所見となる。
刃文の原因は、金属の不純物含有量の差である。


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ