刀:長光

ご注文番号:15894

刀:拵え入り

銘:長光           

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は長光としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:70.0センチ
反り:2.2センチ
目釘穴:1個
元幅:3.36センチ
先幅:2.26センチ
重ね:0.77センチ
時代:昭和
体配:昭和刀としては長寸の刀で身幅、重ねしっかりとした
反りの深い切先ののびた体配の良い作品です。 特に昭和刀としては長めの作品です。
地鉄:小板目肌に杢目肌が混じり地錵がよく付き地景が入る
鎬地:板目肌の柾目肌強く入る
刃紋:匂出来丁字乱れに小丁字乱れが混じり足がよく入り帽子乱れ込む。

特徴:戦時中、岡山刑務所の所長であった江村繁太郎は、
刑務所内で本来真面目な受刑者の更生を願って、当時岡山県の刀工であった
市原一龍子長光を招き同様に囚人達に刀を制作させた。
長光は陸軍受命刀匠として当地では名が知られ、陸軍々刀技術奨励会入選した刀匠であります。
囚人を指導しながら制作を行ったため作風にばらつきがありますが
しっかりと真面目に研磨がほどこされ、出来も素晴らしい作品と云えます
銘は単に長光、一龍子作、一龍子長光、中には備前国於烏城下一龍子長光作等と銘を切ります。
裏銘のないのが一般的で裏銘のある作品は大変貴重です。

拵:現代拵え
鍔:木爪型鉄鍔
縁頭:現代
鞘:現代
目貫:現代

葵美術より一言:長光又昭和刀としては長寸で70cmの長さで、
身幅が広く重ね厚く反りやや深く切先の延びた体配の良い作品です。   
江村と長光の作品は江村は比較的叢がなく出来の良い作品が多く
研磨も刑務所内で囚人によって行われた為きちんと研磨がなされております。  
一方長光に作風は出来不出来が多く研磨はあまり重視されておらず
安研ぎという感が拭えません。 しかし作風にばらつきがあり本作のごとく
新々刀の作品に紛れる様な出来もあります。
長寸で出来の良い作品でしっかりと研磨がなされております。

時代背景:戦時中
保証: 保存刀剣
葵美術正真鑑定書:全身押し形

価格:330,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム


ページトップ ご注文フォーム お問合せ