刀:筑前守信秀(特別保存刀剣)

ご注文番号:22275

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:筑前守信秀
明治八年二月日

新新刀:上々作:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 筑前守信秀としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金着二重
刃長:75.3センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:1個
元幅:3.16センチ
先幅:2.29センチ
重ね:0.94センチ
刀剣重量 940グラム
時代:明治8年2月
体配:身幅、重ね厚く生刃を残し、
反りやや深く鋒ののび多体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌良く積んで流れ黒味のある地鉄となる。
刃紋:沸出来互の目乱れが良く働き刃中、二重刃に足、葉が盛んに働く

特徴:書籍『栗原信秀の研究』にこの作品は出ており(256ページ)ます。 
明治4年に廃刀令がでてから多くの刀工は指示に従った
が栗原信秀は明治天皇の御下命を受けて刀剣を18振り製作をし
明治6年も明治天皇の許可で拝観をゆるされ正倉院の宝剣を見ることができた。  
さらに明治6年オーストリアのウイーンで明治6年の万国博覧会が模様され特別に栗原信秀
是一、宗次等は国威を示す為に製作した。 最も高かったのが38両3分は栗原信秀であったと言われている  
栗原信秀の研究参照

葵美術より一言:明治8年になるとほとんど日本刀を製作する刀工はいなくなっていたと考えられ
特に信秀は天皇家にも可愛がられ特別な配慮があったと考えられる。 明治10年になると刀剣の製作をやめている。
諸説あるが彼は自分で製作した敷島の彫りのある短刀で自殺をしたといわれている。   
本作をよく見ると古刀の様な作品をしており帽子も同様である。
 まさに見事な作品で清麿風の作域が全くことなり独特な刃紋を製作しております。
この見事な作品を是非お勧め致します。

栗原信秀の研究p.256のコピー付き
特別保存刀剣鑑定書
葵美術正真鑑定書   
全身押し形 鶴田文佳

価格:3,400,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ