刀:無銘

ご注文番号:16292

刀:拵え入り

銘:無銘

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:70.0センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:3個
元幅:2.87センチ
先幅:2.07センチ
重ね:0.55センチ
時代:江戸時代寛文頃
体配:摺上げ茎で身幅重ね尋常な作品で
反りに浅い寛文新刀の体配をした作品
地鉄:小板目肌に杢目肌が混じり地錵が良く付き綺麗な地金となる。
刃紋に沿って映りが現れる。
所々に錆や擦れがある。
刃紋:小錵出来直刃にのたれた締まった刃紋で表裏の刃紋が揃い
一見すると村正系統の千子一派にも見えます。
帽子:のたれて丸く返る。

特徴:無銘でありますが表裏の刃紋が揃い一見すると
千子一派の作品に似るが、刀身の反りが浅く
不明であるが、刃紋に沿って映りが表れ審査に出す事で変わるかも知れません。
       
拵:
鍔:ほぼ四角形の厚手の鍔で風景を彫る。
縁頭:赤銅魚魚子地に弓矢と頭に兜と采配を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:焦げ茶の石目地鞘
目貫:赤銅魚魚子地に采配と棒を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 250,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ