日本刀販売、刀剣販売、日本刀の買い取り、委託販売、日本刀オークションの開催

info@aoijapan.jp

営業時間 10:00~18:00 (月曜定休日)

東京都渋谷区代々木1-54-6

お知らせ

刀:無銘(古三原)(特別保存刀剣)

ご注文番号:23392

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘: 無銘(古三原)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無名(古三原)としては上々作 にランクされる作品です。
研磨済み 最上級の研磨が施されております。

鎺:銀着二重
刃長:2尺3寸3分(70.3cm)
反り:7分(2.1cm)
目釘穴:3個
元幅:2.92cm
先幅:2.14cm
重ね:0.65cm
刀剣重量 690グラム
時代:鎌倉時代末期頃
体配:大磨上、無銘の作品で身幅が広く、反りが深くつき。鋒が伸びた体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌よく練れて地沸がよくつき、無類に素晴らしい地金となり映り良く現れる。
鎬地:小板目肌の杢目肌が混じり鎌倉時代特有の地金となる。
刃紋:小沸出来、直刃に小足が入り、小足は匂い口が柔らかく入り帽子は柔らかく丸く返る。

特徴:古三原とは古い備後三原の刀工か、その作品と言われております。

葵美術より一言:本作の古三原は特に研磨が抜群であり地鉄の良さと写りがよく研磨され素晴らしい地金となります。
鎬地をよくみますと地と凌地が一緒となっており無垢鍛えなのかもしれません。チリチリとした表面が青江をおもわせる清良な地金となっております。帽子に一箇所縦割れがありますが気になる
ほどではありません。 是非おすすめしたい最高級の古三原です。

時代背景:鎌倉時代の後期は全国的に交通が栄え、港も活気が出てきて、経済力を持った武士が出てきました。 勢力を強くしようとする北条氏への反感がしだいに強くなり、後醍醐(ごだいご)天皇は政治の実権を朝廷に取りもどそうとし、新しい勢力の武士や御家人を味方につけて、鎌倉幕府を滅ぼしました。

特別保存刀剣
葵美術鑑定書
全身押し形

価格 950,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら