2014年05月04日 社長一言

ゴールデンウィークと成りまして数多くの方々が旅行に又帰省されました。
躑躅の美しく咲き乱れた東京ですが休みのない私達は静かになった東京で仕事をしております。
渋滞40キロと聞くだけで疲れが出てしまう事なくのんびりと過ごす事も良いのではないかと自分自身に言い聞かせて仕事をおこなっております。
それにしても数多くの事件が報道されました。
現在は一瞬の内に海外からの 情報が洪水の様に入ってきますので事件の重大さに麻痺をしてしまう昨今で す。
韓国での客船が沈没して多くの高校性を中心に亡くなる未曾有の被害が連日の 様にテレビで放映され亡くなられた子供達と両親や親族に対して心から哀悼を 申し上げたいと存じます。
大切の育てられた子供達と両親、親族の方々の嘆 きを思う時何もしてあげられない私達がもどかしい気分にさせられます。
早く甲板に這い出ていれば数多くの学生達が助かったのではないか。
そのまま動かず静かにしていなさいと悪魔の船内放送を何度も行いながら船内放送を行った船員達は船からさっさと脱出してしまうという責任感のない連中の人名尊重を無視する感覚にあきれ果ててしまいます。
御両親に対して別れ を告げる携帯電話でのやり取りを聞き子供達の哀れさを思うと涙なくてしてテレビを見続ける事ができません。
もし米軍や自衛隊の素早い援助を受けていれば恐らく数多くの子供達が助かっていたのかも知れません。
それだけに韓国の大統領や官僚及び関係者の責任が問われなければなりません。
これは日本で発生した津波や地震による原子力発電所の事故の発生に対する政府と東京電力の対応も同様であろうと考えるのです。
体面を恐れて自分達で解決しようとした結果が災害をさらに拡大してしまった事を理解しなければなりません。
沈む迄数時間が経過しておりその間適切な援助がなされず船長をはじめとして船員共はさっさと逃げ出して しまった行為は犯罪というだけでは済まされない、やるせない怒りを感じさせ ます。
船が傾き逃げ出した船員の船内放送“そのまま動かないで静かにして下さい”という言葉を信じてやがて暗い船内にどっと侵入した海水に浸かりながら亡く なっていく彼等の断末魔、恐怖、混乱、期待する助け、誤両親に対する感謝、 最後の言葉がその一瞬に凝縮されてやがてもがきながら死んで行った状況を考える時私には出すべき言葉がありません。
昔から船長は客を助け次に船員を助けて自分自身は最後に脱出するものと日本では硬く信じられてきました。
少なくとも日本 国内での船をうごかす船長はいざとなると徹底してこの行動規範が守られている筈であります。
もしも米軍や日本の素早い援助が要請されていたならばこの様な不幸はかなり削減されていたのかも知れません。
お亡くなりになった学生さん達につつしんで哀悼の意を表します。
日本刀の市況に関して
最近日本刀の業者の合い言葉は”最近良品の刀や小道具がでてこないですね”という話が多くの刀剣業者の集まる市場で聞かれ良品の価格は過去と比較して20%位上昇しておる感じが致します。
なぜこのような状況になったのか分析いたしますと、円安となった為海外から日本刀や小道具の良品を購入する目的で来日し、
直接購入する業者や愛刀家が多くなった事が一因でありますが、その他に過去業者が購入した品物は業者間の市場で販売するのが一般的でしたが、
現在は業者が自分自身でネットで販売する状況となった為業者が市場で処分しなくなってきているというのが最近の傾向といえます。
したがって価格がネットで開示される為業者と一般の区分けがなくなって来ております。
この事はどんな商売にも当てはまり例えば魚を沿岸で捕る漁師さん達と末端の消費者との間で取引が行われ問屋という業者がいなくる傾向がありますし農家も同様なのです。
今後日本刀の価格は上昇していくと考えられますが業者間での熾烈な競走はますます厳しくなると考えます。
ネット販売は今後ますます高まりますが一般の顧客を騙す悪い業者が暗躍する場が出来ておれおれ詐欺同様なケースが出てきますのでお客様は充分信頼出来る業者をお選び下さいね。ね。ね。
私は最近裁判所からの要請で2回程現在裁判中の日本刀の価格査定の鑑定を行いましたが一般に日本刀の価格はかなり高価と考えられているようです。
この事がネット半場合で詐欺同様に騙されて購入する事になります。
冷静に判断を行い刀剣の知識のある人物から情報を集められると良いでしょう。
電話1本で詐欺に遭わないかもしれませんよ。遠慮なく真偽、価格評価に私宛電話で連絡下さい。
最近驚いた事に老人の約70%近くは一人暮らしをされておられます。
子供達は親を見捨てたり親達は子供達からの煩わしさからお互いに我が儘で過ごす様になっているようです。
最近当社のお客様から聞いた話ですが、おとなりに住んでおられた方が亡くなり親族かあらその家を買ってくれないかと持ち掛けられかなり安価で購入出来たそうです。
家の中の品物は勝手に処分して下さいといわれ中の家財道具を処分していた所銀行通帳が数冊でてきたそうです。
その他美術品もあり返還したそうですがこれからはこのような事例はかなり出てきそうな感じがいたします。
老人の死という大きな問題は今後日本にとって大きな課題となります。 死後数年経過して発見されるケースも新聞等で話題になります。
若い働き手がどんどんと少なくなる中で今後海外から働き手を呼ばなければならない時代の突入し日本は単一民族ではなくなりミックスの國へと変貌し宗教や文化の違いに遭遇する事になります。
イスラム教、仏教、キリスト教、新興宗教等がどんな騒動をもたされるのか今から発生する問題を考えておかなければならないでしょうね。
さて連休の混雑のない東京の静寂さを満喫してのんびり過ごしておりますが海外から帰国される人々や高速道路の渋滞に巻き込まれておられる皆様方どうかのんびりとした気分でお帰り下さい。
五月病になられません様にのんびりと過ごして下さい。
それでは皆様お元気で春風の吹くのんびりとした気怠い雰囲気を楽しんで昼寝などしてお過ごし下さい。


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ