長巻き:無銘(青江)

ご注文番号:18526

長巻き:白鞘入り (第40回重要刀剣)

銘:無銘(青江)

研磨済み
刃長:72.9センチ 
反り:2.9センチ
目釘穴:3個 
元幅:3.05センチ 
重ね:0.78センチ 
時代: 南北朝時代
体配:身幅広く、重ねががっちりとした健全な長巻き。
地鉄:板目肌が詰んで、よく練れて、縮緬肌となる。映りが鮮明に現れる。
刃紋:沸出来、直刃に小互の目が混じり、刃中に足が盛んに働き、葉が同様に働く。
帽子、先尖りごころにほのかに返る。

特徴:青江派は備中高梁川下流域を中心に繁栄し、多くの名作を残した。
鎌倉時代中期頃より南北朝期頃までのものが青江、それ以前のものが古青江と呼ばれる。
作風は地肌に澄み肌が出る事、刃紋に逆乱れや逆足入り、備前物に比べて地鉄が硬いのが見所とされる。

本作は、身幅広く重ねががっちりとした健全な体配をした長巻き
で、鎬地に誉れ瑕があります。真に見事な青江の傑作刀です。
重要刀剣に合格済みの名品です。

第40回重要刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 2,500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.