刀:(折返し不明) 無銘(冬広あたり)

ご注文番号:12548
刀:白鞘入り、拵え付き
銘: (折返し不明) 無銘(冬広あたり)
研磨済み
はばき : 赤銅一重
刃長:68.1センチ
反り:1.2 センチ
目釘穴:1個 
元幅:2.81センチ 
先幅:2.03センチ
重ね:0.55センチ 
時代:室町時代末期
体配:摺上無銘の刀で表裏に棒樋をほる。
地鉄:板目肌良く詰んで地錵が付き肌立つ
刃紋:錵出来互の目乱れ足が入り飛焼きが入る。
帽子乱れ込む。
特徴:冬広は、相州の流れを汲んで二代作の広次の子と伝えられ若州小浜に於いて数多くの刀剣を制作した。 
作風は、穏やかな互の目乱れを焼く作品と、皆焼風の作品があり広賀のような野趣に富んだ作品がある。
若州、伯州その他で制作する。 
本作は、無銘ではあるが良くその特徴が出ており切先が長く体配も良い作品です。 
多少小錆がありますが研磨を行う事で見事な作品と考えます。
拵:突兵風の上手な拵え
鍔:楕円形の鉄鍔に変わったデザインを彫り、金で色絵をほどこす: 江戸肥後
縁頭:鐺:鉄地に、花模様の図柄を高彫りし金で布目象嵌をほどこす:若芝一派の作
鞘:朱と茶色が交じった色合いの鞘に、縄模様に彫る。
目貫:金無垢で馬の図柄を彫る
笄:銀地に家紋を彫る。
保証:保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形
価格:650,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム


ページトップ ご注文フォーム お問合せ