薙刀:越前国住兼法

ご注文番号:10348

薙刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘:越前国住兼法
                               
新刀:上作:越前                       
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 越前国住兼法としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅地二重はば
白鞘全長:107センチ
刃長:43.6センチ
反り:2.7センチ
目釘穴:1個
元幅:2.9センチ
重ね:0.715センチ
時代:江戸時代 慶長の頃
体配:身幅が広く反りの深い堂々とした薙刀
地鉄:板目肌に杢目肌が交じり肌立ち黒味のする作品となり
北国独特の風情がある。
刃紋:錵出来直刃にのたれ刃が混じり
小足が良く働き細かな砂流が混じり帽子、焼き詰めとなる。

特徴:越前国住兼法は美濃、兼法の子で後に肥後大掾を受領する。
越前に於いて肥後大掾を受領する刀工には初代康継、貞国の二人がある、
而も同時代の刀工でありここにそれらの刀工に関係すると思われます。
作風は室町時代末期の特徴が良くでており
黒味のするやや肌立つ地金は兼法、越前康継、貞国と同様であります。

葵美術より一言:兼法、越前康継、貞国は越前新刀初期の刀工で
特に地金はやや肌立ち黒味のする作品に地味な直刃出来や
のたれが多く玄人筋が多く好まれます。決して派手な作品では
ありませんが地金の肌立つ練れた地金に
直刃のたれに小足が入るなどむしろ派手さを嫌う
室町時代から江戸時代慶長頃の作風が見てとれます。
素晴らしい作品ですので是非お求め下さい。

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

価格: 400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ