薙刀:備前守国義(摂津・年代寛文頃)

ご注文番号:15443

薙刀:黒塗り刻み鞘入り(保存刀剣)

銘:備前守国義(摂津・年代寛文頃)
                   
新刀:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 備前守国義としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地二重はばき。
刃長:44.1センチ
反り:4.0センチ
目釘穴:2個
元幅:2.8センチ
重ね:0.79センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ねのしっかりとした作品で生茎の体配の良い薙刀
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き澄んだ地鉄となる。
刃紋:錵出来、のたれに互の目乱れが混じり帽子、丸くとがりごころに返る

特徴: 備前守国義は摂津の刀工で
大阪河内守国助の門人として師匠の弟子として
終生終えた刀工と考えられ自身で制作した作品は極めて少ないと考えられます。

拵え全長:250センチ

葵美術より一言:日本には数多くの刀工が存在しているが、
師弟関係は厳しく弟子はほとんど師匠の手伝いで終生を送ったとも考えられます。   
本作の備前守国義も師匠の作品を制作し自分自身の作刀はほとんど無かったと考えられます。 
厳しい師弟関係を思わせる作品で 一生懸命に難しい薙刀の制作に挑戦した痕跡が窺えます。 
地金は良く大阪地金となりのたれた国助初代の作風に似ております。

保存刀剣鑑定書
葵美術正真鑑定書:全身押し形

※海外送料別途

価格: 250,000円(消費税、送料共)※海外送料別途

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ