脇差: 野州住照重(二代)

ご注文番号: 17483

脇差:拵え入り

銘:野州住照重(二代)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は野州住照重としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:赤銅一重
刃長:38.6センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:2個
元幅:3.44センチ
重ね:0.63センチ
時代:室町時代末期天正の頃
体配:身幅が3.44cmと広く重ね厚く長寸の平打ち大脇差
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き肌立ち柾に流れる。
刃紋:錵出来皆焼となり鎬地寄りに焼刃がはばき近辺迄働く

特徴: 野州住照重は天正頃に活躍する。
武州下原住山本源次照重と銘を入れる。
恐らく野州(下野しもつけ)で一時制作していたと考えられ
大変珍しい貴重な作品と考えます。

拵:鉄地に銀で象眼をほどこした一作拵え
鍔:鉄地のはみだし鍔に瓢箪の実と葉を銀で高彫りをほどこす。
縁頭:鉄地のはみだし鍔に瓢箪の実と葉を銀で高彫りをほどこす。
鞘:革包み鞘に朱塗りをほどこす。
目貫:赤銅地に馬の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鐺:鉄地のはみだし鍔に瓢箪の実と葉を銀で高彫りをほどこす。
栗方:鉄地のはみだし鍔に瓢箪の実と葉を銀で高彫りをほどこす。

葵美術より一言:武州下原住山本源次照重の野州打ちの作品で身幅が広く
重ね厚く三つ棟となり豪壮な作品です。裏面の地に一部割れがありますが
その欠点を補って健全な見事な作品です。
拵えは鉄地に銀象眼をほどこし欠点のない見事な一作拵えの作品です。

保証:保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 380,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


——————–
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553
——————–

ページトップ ご注文フォーム お問合せ