脇差 : (菊紋)近江守源久道

ご注文番号:19048

脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)
銘: (菊紋)近江守源久道
新刀:上作:山城

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は(菊紋)近江守源久道としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:銀一重
刃長:1尺3寸4分 39.4センチ
反り:3分 0.9センチ
目釘穴:2個
元幅:3.31センチ
重ね:0.78センチ
刀身重量:455グラム
時代:江戸時代延宝の頃 1673年
体配:身幅3.31cmと広く重ね厚くがっしりとした作品で長寸の平打ちの豪快な脇差です。
地鉄:小板目肌、肌立ち地錵が良く付き肌目が見て取れる。
刃紋:錵出来互の目乱れが連なり足が入り匂口やや深く付き刃中、砂流、物打ちから先にかけて金筋が働き帽子、丸く返り同様に力強い金筋が働く。

特徴:(菊紋)近江守久道は、京新刀鍛冶の三品一派として伊賀守金道、丹波守吉道、越中守正俊と同様に著名な刀匠として活躍する。

葵美術より一言:初代近江守久道のがっしりとした魅力のある健全な平打の脇差です。
豪壮な姿に良く練れた地金に地景が入り明るく冴えた地金に金筋が良く働くなど名品として皆様の愛刀として是非お求め下さい。

時代背景:1687年生類憐れみの令を定める。江戸幕府5代将軍綱吉は1687年貞亨4年殺生を禁止する法令を定めた。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ