脇差: 無銘(相州広次)

ご注文番号:19021

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(相州広次)

古刀:末古刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(相州広次)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:銀一重
刃長:1尺7寸8分 (53.93センチ)
反り:1分5厘(0.45センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.07センチ
重ね:0.56センチ
時代:室町時代中期頃
体配:平打の長めの脇差で身幅、重ね尋常な
魅力を感じさせる作品です。
表裏に20cm近くの力強い棒樋を彫る。
地鉄:板目肌に杢目肌が混じり地錵が良く付地景が入り
肌目が良く見て取れる精良な地金となる。
樋の中に小錆や、切先近くに極小の刃こぼれがあるが
さほど目立ちません。
刃紋:錵出来丁字乱れに互の目乱れが混じり
尖り刃が入り足良く入り刃中、砂流、金筋が良く働く
帽子:乱れ込んで先尖りごころに長く焼き下げ
飛び焼きが入り皆焼風となる。

特徴:相州広次は鎌倉時代末期より相模で活躍した刀工群で
室町時代にはかなり多くの刀工が評価される作品を制作していた。
やがて室町時代末期には地方にも移住し、その地でも
地方の影響を受けながら独特の作品を制作する事となる。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に扇の図を透し彫りする。
縁頭:赤銅魚子地に獅子、牡丹の図を高彫りし金銀色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:獅子の図を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:相州広次は何代にもつながる刀工で
識別は難しく明確に何代とは言えないが
初期の作品は地金が良く練れている。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 550,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ