日本刀販売、刀剣販売、日本刀の買い取り、委託販売、日本刀オークションの開催

info@aoijapan.jp

営業時間 10:00~18:00 (月曜定休日)

東京都渋谷区代々木1-54-6

お知らせ

脇差: 無銘(来国光)(特別保存刀剣)

ご注文番号:23818(委託品)

脇差:白鞘入り、拵え付き、替え白鞘付き(特別保存刀剣)(委託品)

銘:無銘(来国光)

鞘書:寒山誌
三池典太 但し大擦上無銘也
時代南北朝期 刃長1尺7寸4分有し
昭和35年初夏日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(来国光)としては上作にランクされます。

鎺:金着二重
刃長:52.8cm
反り:1.3cm
目釘穴:1個
元幅:2.8cm
先幅:1.9cm
重ね:0.6cm
刀剣重量:390 グラム
時代:鎌倉時代末期

体配:身幅やや広く重ね厚く、幅広の棒樋と添樋が掻かれている。三池と鞘書きされたのはこの棒樋があるからだと思います。
刀剣博物館では来国光と鑑定されました。
地鉄:板目肌が精妙に細かく練れて美しくさらに映りが見て取れる。
刃紋:沸出来にのたれがかかり、足が柔らかく刃先まで達する、刃先、煙るごとく柔らかさがある。帽子も丸く反る。

特徴:刀剣博物館では来国光と鑑定された作品で、映りの現れた美しい地鉄と柔らかな煙る朝霧を思わせる刃文が絶妙です。拵えも品格ある作品で、きっと高貴な人が所持していたのだろうと思います。

拵:
鍔:菊花形の赤銅魚子地鐔
縁頭:赤銅地に植物を高彫りし金色絵を施す。
鞘:黒塗呂色鞘
目貫:瓜に見える植物の図を高彫りし金で色絵を施す
小柄:赤銅魚子地に花の図柄を高彫りし金で色絵を施す。

特別保存刀剣
葵美術正鑑定書
全身押し形

価格:1,850,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら