脇差: 和泉守藤原国貞(二代)

ご注文番号: AS22299

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:
和泉守藤原国貞(二代)
慶安元ヨリ同二年作之 

鞘書:
和泉守藤原国貞 慶安元ヨリ同二年作面白い銘文也
珍重 刃長一尺三寸余有し
昭和乙巳歳(昭和40年)初夏 寒山誌 

新刀:最上作:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 和泉守藤原国貞(二代)としては最上作にランクされる作品です。

研磨済み

鎺:金着二重
刃長: 40.2 センチ
反り: 0.9 センチ
目釘穴: 1個
元幅: 2.9 センチ
先幅: 2.0 センチ
重ね: 0.8 センチ
刀剣重量: 405 グラム
時代: 江戸時代初期慶安
体配: 薙刀を直した体配の脇差。身幅、重ね尋常な反りやや深く切先の伸び心で体配の良い作品。
地鉄: 小板目肌実に良く積んで地沸が付き綺麗な地肌となる。
刃紋: 沸出来匂口の深い互の目乱れとなり足良く働き砂流がかかる。 帽子丸く返る。

特徴:この作品は初代和泉守国貞の出来とは大きく異なるため、息子である井上真改が父親の代作を行った作品だと考えられる。
鞘書きにもある通り、裏銘に慶安元ヨリ同二年作之と切るのは珍しい。

拵:
鍔: 竪丸形の素銅地鍔。笹の生えた川岸にいる鶴を高彫りし、金色絵をほどこす。美秀(花押)と銘がある。出来は大変良い。
縁頭:赤銅地で川の植物を高彫し金で色絵をほどこす。
鞘: 黒地刻み鞘
目貫: 四分一風の地鉄に川辺の鶴の図を高彫し金で色絵をほどこす。
小柄: 素銅地に笹の生えた川辺の鶴を高彫る。寿次と銘がある。

特別保存刀剣
葵美術鑑定書
全身押し形 鶴田文佳

オークション開始価格: 950,000円(消費税、送料共)

落札者あり


 


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ