脇差 : 伊豫掾源正次

ご注文番号:16549

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)
銘:伊豫掾源正次

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は伊豫掾源正次としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:金着二重
刃長:38.7センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:1個
元幅:3.26センチ
重ね:0.62センチ
刀身重量: 385グラム
時代:寛永の頃
体配:身幅が広く重ねやや厚く長寸の平打ちの脇差。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き肌目が見て取れる。
刃紋:錵出来互の目乱れに大互の目乱れとなり。
足が柔らかく入り刃中、砂流細かな金筋が働き切先乱れて尖って返る。
全体として沈みごころとなり一見すると相州伝の綱廣を思わせる作。

特徴:伊豫掾源正次は佐賀で活躍した刀工で寛永頃の刀工。
初銘は正次と称し後になって宗次と称する。
出来は激しい作品が多く錵出来であばれた激しい作品となります。

拵え:
鍔:木瓜形の赤銅地鍔に龍の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:龍の図
縁頭:赤銅魚子地に龍の図を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言: 本作の伊豫掾源正次の初期の作品で相州伝の相州住綱廣の傑作を彷彿とさせます。
身幅が広く重ね尋常な堂々とした作品で相州伝に妙味を遺憾なく発揮した名作とかんがえます。とても肥前刀とは思えない作品です。
是非皆様の愛刀としてお勧め致します。
良く見ますと地には刃紋らしき部分が見てとれ皆焼の刃紋を狙っていたのかも知れません。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 950,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ