短刀: 総州佐倉臣細川忠義/弘化三年八月日

ご注文番号:19663

短刀:白鞘入り、拵え付き(特別貴重刀剣)

銘: 総州佐倉臣細川忠義
弘化三年八月日 

鞘書:総州佐倉臣細川忠義 弘化三年 九寸七分 昭和巳酉年 初秋 寒山誌

新々刀:中上作:下総 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は上々作としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:29.3センチ
反り:0.1センチ
目釘穴:2個
元幅:2.87センチ
重ね:0.61センチ
刀身重量: 250グラム
時代:江戸時代後期
体配:やや長寸の短刀で身幅が広く
重ね厚くしっかりとした短刀
地鉄:濃いため肌良く詰んで地錵が付き詰んだ地金となる。
刃紋:錵出来、刃区より匂口やや深い互の目乱れに
小互の目乱れが交り帽子丸く返り
先箱掛けとなり焼き下げ皆焼風となる。

特徴:総州佐倉臣細川忠義は総州佐倉藩のお抱え鍛冶で
細川忠義の次男で細川近造忠義と称し
作風は父親の細川忠義に似た作品を製作する。

拵:
鍔:楕円形の鉄鍔に海で取れる貝を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に人物を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘に松葉模様を入れる
目貫:戦う人物を高彫りし金の色絵をほどこす。藻唐子一派
小柄 赤銅魚魚子地に人物の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:忠義は父親の正義の次男で共に佐倉藩のお抱え工とし活躍する。
本作は短刀としては長寸でしっかりとした健全な作品です。
皆焼の作品で整った作品を製作しております。
拵は藻唐子一派の作品で統一されております。

特別貴重刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 450,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ