脇差: 無銘 仕込み杖付き

ご注文番号:14804
脇差:白鞘入り、仕込み杖付き

銘:無銘

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘としては普通作にランクされる作品です。
要研磨
ハバキ:木ハバキ
刃長:36.2センチ
反り:0センチ
目釘穴:1個
元幅:1.38センチ
先幅:1.14センチ
重ね:0.47センチ
体配:細身の無銘脇差。刀身に源正照と彫りを入れる。
地鉄:板目肌。
刃紋:錵出来。互の目乱れに直刃が交じる。

特徴:明治時代の廃刀令のため
日本刀を持ち歩く事が禁止された為仕込み杖として
本身を入れて持ち歩いた品物で、珍しい作品です。
映画での座頭一が思い出されます。

拵:樺細工の仕込み杖です。
ツナギは付いておりません。

葵美術より一言: 日本の法律によって仕込み杖に本身を入れて
街を歩き回りますと違反行為となりますので
刀身は白鞘に入れて保管下さい。

葵美術評価鑑定書

価格: 100,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ