脇差:高田住長守(と銘がある)

ご注文番号:19455

脇差:白鞘入り、拵え付き(仕込み杖)

銘:高田住長守(と銘がある)

末古刀
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は高田住長守(と銘がある)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:  銀一重  
刃長:55.8センチ
反り:0.2センチ
目釘穴:3個
元幅:2.72センチ
先幅:2.13センチ
重ね:0.51センチ
刀身重量: 515グラム
時代:室町時代末期
体配:摺上げ区送のある作品で反りが無く
銘は後に入れたと考えられる。
地鉄:板目肌よく詰んで地錵が付き映りが現れ澄肌が現れる。
刃紋:錵出来直刃明るく冴えて小足が入る。
帽子 丸く返る。

特徴:反りのない作品で仕込み杖として利用された作品で
地金が良く澄み肌があらわれ、
映りがある所から青江を思わせる良質な地金となり、
明るくさえた地金は中々出来が良い。

拵:仕込み杖
竹の杖を模して木で製作し鐺は鉄で製作した作品で大変良く製作されている。
仕込み杖は明治に廃刀令が出てから一般では日本刀の携帯が禁止された為に
仕込み杖が流行したとされる。映画座頭市で特に有名になりました。

実際に持ち歩きは禁止されており白鞘に必ず収めておいて下さい。
拵えは拵えとしてお持ち下さい

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 250,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ