脇差:陸奥守藤原歳長

ご注文番号:21493
脇差:拵え入り
銘:陸奥守藤原歳長

新刀:中上作:業物:伊勢
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は陸奥守藤原歳長としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:赤銅一重
刃長:40.4センチ
反り:0.9センチ
目釘穴:1個 
元幅:2.96センチ 
先幅:2.42センチ
重ね:0.64センチ 
時代:江戸時代延宝の頃
体配:身幅、重ねしっかりと棒樋を彫りがっちぃりとした脇差し
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が付き潤いのあある地金となる。
刃紋:錵出来直刃に小足が盛んに働く。帽子のたれて丸く返り先掃掛となる。

特徴:陸奥守藤原蔵長は伊勢の刀工で、初代山城守蔵長の弟に当たり出来も同様な作品で切れ味が良く地金の良い作品が多い。

拵:
鍔:蓮の葉を透かし彫りをし金で色絵を描く 銘:越前住紀内作
縁頭:四分一地に賢人を彫る 銘:赤城軒元浮
鞘:変わり塗り鞘、鐺近辺に鞘の割れがあります。
目貫:赤銅地で鯰を高彫りする。 肥後目貫
小柄:鉄地に秋草と雁を彫り金の色絵で華やかに描く
小刀:無銘

葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 250,000円

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ