脇差:陸奥守包保(右陸奥)

注文番号:AS15853

脇差:拵え入り(保存刀剣)

銘:陸奥守包保(右陸奥)              

新刀:上作:業物:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は陸奥守包保としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着一重
刃長:42.9センチ
反り:0.7センチ
目釘穴:1個
元幅:2.97センチ
先幅:2.07センチ
重ね:0.71センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ねがっしりとした作品で
反りが浅く切先が延びた体配の作品です。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な大阪地金となる。
刃紋:錵出来刃区より直刃、その先互の目乱れとなり
高低に変化がああり、やや締まりごころに
大きな互の目乱れに刃中、丁字刃が混じり帽子丸く返る。

特徴:陸奥守包保は右陸奥と本作の様に左陸奥と称して銘を逆文字に切る
刀工で手掻の末葉。大阪に住した後に松本に移住し水野家のお抱工となる。
地金は堀川物ににてざんぐりとした出来である。
本作は手掻を狙って出来も良く茎の状態が素晴らしいのは
陸奥守包保一派の特徴といって良い。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に飛ぶ鶴と松の木を彫り金で色絵をほどこす。
縁頭:素銅地に牡丹と獅子の図型を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:青貝散らしに黒の帯の漆をほどこす。
目貫:馬の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:身幅が広く重ねの厚いがっしりとした作品で
茎の状態も良く目釘穴1個で健全な作品であり
地金も良く刃紋も変化のある作品です。
拵えもまずまずでバランスの良くとれた作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 350,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ