脇差:長州住藤原清次

ご注文番号:16735
脇差:白鞘入り(保存刀剣)
銘:長州住藤原清次
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は長州住藤原清次としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:53.8センチ
反り:0.9センチ
目釘穴:1個
元幅:3.16センチ
先幅:2.29センチ
重ね:0.7センチ
時代:江戸時代元文の頃
体配:身幅が広く重ね厚くがっしりとした脇差で反りやや深く切先が延びた体配の良い長めの体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き綺麗な地金となる。
鎬地:小板目肌に細かな柾目が混じる。
刃紋:錵出来、頭の揃った互の目乱れとなり足が長くよく入り刃中砂流が入る
特徴:長州住藤原清次は京伊賀守金道の門人で二王清次とも銘を切る。
元文の頃の刀剣制作は極端に細り刀工にとっては最も苦しい時期であると考えられます。
その様な中で著名でない刀工である長州鍛冶である清次が見事に脇差を制作している。
出来は忠綱を思わせる様な足長丁字に砂流が入るなど彼の傑作の作品と考えられます。
時代背景:元文4年(1739年)鳥取藩に於いて元文一揆が発生し約5万人が参加し藩政史上最大規模の百姓一揆となる。
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格:300,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ