脇差:(金象嵌銘)二ツ胴落切手山野勘十朗(花押)/無銘(水田国重)

ご注文番号:18567

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)(委託品)

銘:(金象嵌銘)二ツ胴落切手山野勘十朗(花押) 
無銘(水田国重)
                               
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(水田国重)としては上作にランクされる作品です。
末研磨
はばき:素銅地一重ハバキに金色絵
刃長:49.8センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.9センチ
先幅:2.3センチ
重ね:0.75センチ
時代:江戸時代 寛文の頃
体配:大摺上げ無銘で身幅が広め
重ね厚く反り適度に付き切先がやや延びた
体配で茎には金象嵌銘で二ツ胴落切手山野勘十朗(花押)
としっかりとした作品です。
地鉄:小杢目肌に小板目肌が詰まり肌立ち地景が入り詰んだ肌目が見て取れる
刃紋:錵出来、互の目乱れに直刃に匂口深く
ばさけた感じの刃紋となり野趣に富んだ作品となる
帽子のたれて先尖って返る。

特徴:水田国重は匂口が深く荒錵が付き荒々しい野趣に富んだ作品が多く
備中で活躍し元禄頃迄7代、8代くらい迄活躍する。  
作風は概ね同様な匂口の深い荒錵の付いた作品が多い。
金象嵌銘二ツ胴落切手山野勘十朗は寛文頃の
試し切りを行っておりましたが将軍家の
刀や大名家の刀の試し切りを行う切り手として有名です。

拵:
鍔:円形の赤銅鍔。献上鍔
縁頭:赤銅魚魚子地
鞘:黒石目地鞘。
目貫:兜?の図と思えます。

葵美術より一言:本作は荒々しい作品で野趣に富み
一脈丹波守吉道に似た部分もある。
なお本作には金象嵌銘2ツ胴落切手山野勘十朗(花押)とあります。
この切り手の山野勘十朗は御腰物奉行より試し切りを行う係りとして
拝命されたと言われております。数多くの試し切りが行われましたが
かなり高額であった為将軍家、大名家の依頼が多く終了すると
刀身の茎に金象嵌銘銘を入れ返却されると言われております。 
当時でも金象嵌銘は難しく又金額もかなりの費用となったと
言われております。まずは大変珍しい作品です。
刀は荒々しい野趣に富んだ作品です。 
多少錆がありますので、研磨を行う事でかなり精彩を上げると思います

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書(※発行待ち)
全身押し形

価格: 750,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ