脇差:遠江守藤原兼広

ご注文番号:19340

脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:遠江守藤原兼広

新刀:中上作:肥前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は遠江守藤原兼広としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:52.3 センチ
反り:1.5センチ
目釘穴:1個
元幅:3.01センチ
先幅:2.08センチ
重ね:0.62センチ
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅、重ねしっかりとした体配の良い脇差。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が付く。
刃紋:小錵出来匂口の深い互の目乱、刃中、砂流盛、金筋が働く。

特徴:兼広は大和大掾兼広の子。元禄十一年に遠江守を受領。
鍋島弥平左衛門嵩就の抱え鍛冶職人となった。
脇肥前とも言われた刀工ですが 良く知られた刀工です。

葵美術より一言:本作は体配の良い姿であり、
地金が精良に練れて美しい地金となる。
本流筋ではありませんが中々良く知られた刀工です。
肥前刀全般に精良な詰んだ小糠肌となるのは
南蛮鉄と和鉄を上手く混ぜ合わせているからではないかと
想像致します。今後の研究が待たれます。
           
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 170,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ