脇差:近江守法城寺正弘(初代)/(金象嵌)寛文元年六月十日

ご注文番号:15283

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:近江守法城寺正弘(初代)
(金象嵌)寛文元年六月十日
山野加右衛門永久(花押)
二ツ胴截断        
 
新刀:上作:業物:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 近江守法城寺正弘としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:1尺8寸4分(55.74センチ)
反り:3分(0.9センチ)
目釘穴:2個
元幅:3.21センチ
先幅:2.29センチ
重ね:0.70センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反り浅く寛文新刀の体配で切先やや短い
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き地景が入り綺麗な地金となる。
鎬地:板目に柾目が強く流れる。
刃紋:刃区より直刃、その先錵出来互の目乱れとなり
匂口深く刃中、砂流、金筋が良く働く

特徴:近江守法城寺正弘は江戸法城寺一派として活躍し
その体配からやや時代が古く寛永頃から活躍すると考えられる。
江戸時代になると江戸での刀鍛冶が大いに活躍し
正広、吉次、正照、兼重等が有名であり虎徹も同様に活躍する。
特に注目されるのは虎徹と作域が良くにているところです。
本作は匂口の深めの刃紋で魅力溢れる作品と言って良いでしょう。

拵:突兵拵 肥後拵え
鍔:小振りな厚手の鉄鍔に耳を立ち上げる。
縁頭:徹地に植物と鳥を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒石目地鞘
目貫:徹地に植物の図柄を高彫りする。
小柄:鉄地に波と桜の花弁を彫る。
割笄;鉄地に独鈷と思われる図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鐺:鉄地
栗方:鉄地

葵美術より一言:近江守法城寺正弘は本国は但馬で後に江戸に住し通称瀧川三郎太夫
と称し作品は江戸法城寺一門の首位にあたり長曽虎徹と変わる所なきをもって
人気が高い。 本作は長めの脇差であるが身幅が広く重ね厚くがっしりとした作品で
山野加右衛門永久による裁断銘が寛文元年六月十日 二つ胴裁断とあります。
大変貴重な健全な作品ですのでお薦め出来る作品です。
拵は突兵拵 肥後拵えで鉄地で全ての鉄、縁頭、目貫、鐺、小柄、笄、栗形でまとめた
大変珍しい作品で出来も良く健全であります。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 1,500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


ページトップ ご注文フォーム お問合せ