脇差:近江守法城寺橘正弘

ご注文番号:17164
脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘:近江守法城寺橘正弘
新刀:上作 :業物:武蔵                     
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は近江守法城寺正弘としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:素銅地一重
登録証番号:東京都138724号
交付年月日:昭和43年2月1日
刃長:52.2センチ
反り:0.7センチ
目釘穴:1個
元幅:2.86センチ
先幅:1.89センチ
重ね:0.51センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りの浅い切先が延びた寛永頃の体配をした脇差
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が付き地景が入る。
鎬地:小板目肌良く詰んで柾に流れる
刃紋:刃区より直刃焼きだしその先匂口の深い
互の目乱れ数珠刃風となり刃中、砂流
足、葉、金筋が働くき帽子太く丸く返る。
特徴:近江守法城寺正弘は江戸法城寺一派として活躍し
その体配からやや時代が古く寛永頃から活躍すると考えられる。
江戸時代になると江戸での刀鍛冶が大いに活躍し
正広、吉次、正照、兼重等が有名であり虎徹も同様に活躍する。
特に注目されるのは虎徹と作域が良くにており
互の目乱れに足があ入る数珠刃風の波紋は虎徹を思わせる作品です。
本作はその数珠刃風の働きに金筋が絡み、
匂口の深めの刃紋は魅力溢れる作品と言って良いでしょう。
拵:
鍔:木爪型鉄鍔に蟹と薄の図柄を金の布目象眼をほどこす。
縁: 真鍮地に菊の花を高彫りし金の色絵をほどこす。頭:角
鞘:黒呂色鞘。
目貫:菊の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
葵美術より一言:法城寺正弘は虎徹に良く似ており匂口の深い
数珠刃を思わせる刃紋に刃中の働きが横溢で
江戸法城寺として良く知られた刀工であります。
本作はやや反りが浅くがっしりとしてはいないが
地鉄が良く刃紋は素晴らしい匂口の深い数珠刃風の作品で
刃中の働きが良く帽子は見事な匂口の深い丸い帽子となります。
拵えもまずまずの作品です。
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格:
530,000円 → 500,000円(消費税、送料共)
値下げしました

ご注文はこちら


————————————————————————————————–
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
————————————————————————————————–


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ