日本刀販売、刀剣販売、日本刀の買い取り、委託販売、日本刀オークションの開催

info@aoijapan.jp

営業時間 10:00~18:00 (月曜定休日)

東京都渋谷区代々木1-54-6

お知らせ

脇差:近江大掾藤原忠広(保存刀剣)

ご注文番号:23698

脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:近江大掾藤原忠広

新刀:上々作:大業物:肥前

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。本作の出来はとしては上作にランクされる作品です。

鎺:金と銀着せ二重はばき
刃長:1尺7寸5分(53.03cm)
反り:3分(0.9cm)
目釘穴:1個
元幅:3.32cm
先幅:2.36cm
重ね:0.72cm
刀剣重量:570 g
時代:江戸時代寛永頃
体配:身幅が広く、重ね厚く、そりは少なく、切先がのびた寛永の体配をした健全な作品
地鉄:恋ため肌で実によく摘み、肥前地鉄すなわち小糠肌となる。
刃紋:匂口の深い太直刃となり、帽子が大きく先が尖り、心に丸く返る。

特徴:近江大掾藤原忠広は初代忠吉の子で作刀技術を学び、寛永9年に父が亡くなって以来二代を引き続く。初代忠吉は多くの弟子に恵まれ、その後二代が家督を相続し、弟子達が助け合って繁栄を築いた。永十八年七月に近江大掾を受領し、60年間にわたり鍛刀を続けた。作刀数はかなり多く、特に上々作である二代忠広は多くの愛刀家に好まれ、その人気が伺える。元禄6年に81歳で亡くなった。弟子には3代陸奥大掾忠吉、播磨大掾忠国、河内大掾正広、出羽守行広などがおり、鍋島藩の庇護を受けて独特の肥前地鉄を独占し、その流出を禁止して独自の地金を保ち続けたとされる。

葵美術より一言:本作の近江大掾藤原忠広は直刃と乱れた作品がありますが、特に匂口の深い直刃は見事で、刃縁が柔らかく、刀身を破る際の柔らかさが感じられます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形
※海外送料別途

価格:500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら