脇差:賀州住兼若(四郎右衛門)(3代)

ご注文番号:18347

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:賀州住兼若(四郎右衛門)(3代)
 
新刀:上作:加賀
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は賀州住兼若としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:54.2センチ
反り:1.6センチ
目釘穴:1個
元幅:2.8センチ
先幅:2.0センチ
重ね:0.6センチ
時代:江戸時代 延宝の頃
体配:身幅、重ね頃合いで表裏に棒樋を彫り反りやや深く
切先やや延びた体配の良い作品となる。
地鉄:小板目肌よく詰んで細かな柾目が見て取れ良く練れた地金が美しい
刃紋:匂出来尖り刃を交えた丁字乱れとなり
高低に変化があり一文字写しの傑作で月山貞一の作風に似た作品です。 
帽子:三作風にのたれて丸く返る

特徴:賀州住兼若は賀州住兼若は初代より幕末迄続く刀工群である。
初代は加賀正宗と称され、加賀前田家では特に著名な刀工で、
有名な話に兼若を保有する侍には、
たとえ禄が低くても娘を嫁にやるとまで云わしめた刀で、姿が良く地金は板目肌詰んで
美しく刃紋は一文字写しの出来の良い華やかな作品です。

拵:
鍔:円形の厚手の素銅地に獅子と牡丹を高彫りする。
縁頭:素銅地で龍の図柄を高彫りする。
鞘:変わり塗り鞘
目貫:素銅地で龍の図柄を高彫りする。

葵美術より一言:加賀前田藩のお抱え工として著名な兼若は
初代より7代近く迄続く刀工群で本作はその3代に当たり、
時代と共に伝統に縛られず思い切った作風を模索して制作する様になったと考えられます。 
時代は江戸時代延宝頃で切れ味重視より華やかな作品
を求める需要が多くなりより華やかな作品を求める風潮に応える作品を
制作する刀工が切磋琢磨して需要を満たしていったのかと考えるのです。

時代背景: 江戸時代も安定してそろそろ町人文化が台頭する時代

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 750,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ