脇差:藤原正行(二代) 

ご注文番号:AS17141

脇差:白鞘入り

銘:藤原正行(二代)                             

鞘書:銘正真藤原正行豊後 慶安-天和

新刀:中作:豊後
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は藤原正幸としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅地二重金色絵
刃長:44.8センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:1個
元幅:2.95センチ
先幅:2.15センチ
重ね:0.58センチ
時代:江戸時代 貞亨の頃 1684年
体配:身幅、重ねしっかりと反りが適度に付きがっしりとした作品
切先に少し欠けがあります。
地鉄:板目肌よく練れて肌立ち肌目が良く見て取れる
刃紋:錵出来匂口やや深く互の目乱れに
足が入りふんわりとした匂口で出来の良い作品です。

特徴:本作は出来から二代の豊後正行に当たる刀工と言えます.
互の目乱れに匂口に深い作品は高く評価されます。

葵美術より一言:本作品は未鑑定ですが当社でこの作品に銘は保証します。
出来が良く豊後刀の面目躍如という所です。
一般的に豊後刀の評判はあまり芳しくはありませんが、
この様な作品を製作するのです。是非豊後刀の良さを考えて下さい

皆様にアドバイス:日本刀を保存する場合拵えに入れて保存する場合より
白鞘に入れて保存する方法をお勧め致します。
白鞘に入れた場合完全に密閉されますので空気の出入りがありません。
一方拵えに入れたままで保存しますと空気か白鞘より入る機会が多いと考えられます。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 80,000円(消費税、送料共)

落札者あり



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ