脇差:(菊紋)高井越前守源来信吉

ご注文番号:AS09229

脇差:拵え入り(保存刀剣)

銘:(菊紋)高井越前守源来信吉  
                               
新刀:中上作:業物:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は上作としてはにランクされる作品です。
研磨済み
刃長:1尺8寸5分(56センチ)
反り:5分(1.515センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.1センチ
先幅:2.2センチ
重ね:0.8センチ
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りやや深く付き
切先がやや延びた体配の良い長寸の脇差。
刀身の表には剣巻き龍が濃密に彫られる
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き綺麗な大阪地金となる。
刃紋:錵出来匂口の深い直刃、明るく冴える。帽子丸く返る

特徴:越前守信吉は初代京信濃守信吉の三男で、名を高井金三郎という。
信濃守を受領して、亰の油小路に住し鍛刀した刀工で、井上真改、助広に
私淑して濤乱刃や匂口の深い直刃出来を得意とする。
銘を「越前守源信吉」、「入道源来信吉」、「高井越前守源来信吉」などと切り、
その作風は沸本位の互の目乱れを焼くが、井上真改に迫るような直刃の作もある。
晩年は大坂に移住して鍛刀したと言われている。

「(菊紋)一」「源」の字を加えているところから、元禄頃の信吉の晩年の作と思われる。
良く詰んだ小板目肌からその優れた技量が伺える優品である。

拵:
鍔:木瓜形の銀製鍔鍔に波の図の図と三巴家紋を彫る。
縁頭:赤銅地に波の図柄と龍を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘。
目貫:出し目貫 金無垢とも思われるが金地とさせて頂きます。 

葵美術より一言:越前守信吉は器用な刀工で助広、井上真改に私淑し
数多くの傑作刀を残している。
本作は直刃出来で明るく冴えている、地の表には濃密な剣巻龍をほっている。
彫りの出来から当時の物ではなく近代の彫りと鑑せられる。
拵えも良くまとまっており出来も良い、特に出し目貫の
金無垢と思われる龍は近代の作品と考えられます

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

オークション開始価格: 500,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ