脇差:(菊紋)近江守源久道(初代)

ご注文番号:17161

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:(菊紋)近江守源久道(初代)

新刀:上作:山城
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は(菊紋)近江守源久道(初代)としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:銀一重
刃長:1尺6寸9分5厘(51.4センチ)
反り:3分8厘(1.152センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.13センチ
先幅:2.14センチ
重ね:0.71センチ
時代江戸時代:延宝の頃
体配:身幅が広く重ね厚くがっしりとした肉置きの脇差で切先やや延びる。
地鉄:小板目肌良く詰んで練れ地錵が付き地景が入り
細かな肌目が見てとれ綺麗な山城の地金となる、
刃紋:刃区より直刃、その先から互の目乱れとなり
刃中、砂流、金筋が良く働き、帽子のたれて丸く返る。

特徴:近江守源久道は堀六郎兵衛と称し京5鍛冶の一人として近江大掾
を受領しその後近江守を受領する。
長命であり85歳迄生存する(正徳元年) 
三品姓を名乗り貞享4年に東山天皇即位式の御用を拝し
下行米を頂戴している当時の著名な刀工である。
本作は直刃出来の地金真に素晴らしい上品さを兼ね備えた作品である。

拵:
鍔:竪丸型鍔
縁:赤銅地に木を高彫りし金で色絵を施す。
頭:角
鞘:朱塗鞘
目貫:植物を高彫りし金で色絵を施す。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 450,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


 


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ