脇差:肥州出羽大掾行広

ご注文番号:16669

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘:肥州出羽大掾行広(初代)
新刀:上作:肥前

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は肥州出羽大掾行広としては上作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:金着一重 
刃長:37.8センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:1個
元幅:2.55センチ
先幅:1.187センチ
重ね:0.55センチ
刀身重量:300グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:やや小振りの脇差で身幅、重ね尋常な反りの浅い
切先のやや延びた寛永頃の体配をした作品です。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き
綺麗な小糠肌となり肥前地金の良い作品となります。
切先が小さく欠けております。
刃紋:錵出来、匂口やや深くのたれに互の目乱れが交り
足が良く働き葉が入り砂流、細かな金筋が働く
帽子:匂口深く丸く返り先やや掃掛となる。

特徴:行広は、肥前橋本吉信の次男で九郎兵衛と称し初代正広の弟子、
寛永16年22才の時に初めて鍛刀し正保5年春に出羽大掾を受領し
慶安3年に長崎に行き阿蘭陀鉄を学ぶ。
その後、寛文3年に出羽守を受領する。

拵:
鍔:鉄地で表裏は大きく小柄、笄が入れられる様にした鍔で
あまり見かけない珍しい作品です。
縁頭:赤銅地に頭は兜の図柄を縁には兜の前立て
及び兜の表面を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地で弓矢の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:この脇差は恐らく大小セットの脇差であったと考えられます。
匂口が深く足、葉、が働き砂流、金筋が入る等出来の良い働きをした作品で
肥前刀の中でも師匠であった初代正広に酷似した作品といえます。
拵えは縁頭は兜の図柄で目貫は弓矢を高彫りし金の色絵をほどこし、
まずまずの出来と云えます

保存刀剣鑑定書 
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 220,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ