脇差:肥前国忠吉(初代)

ご注文番号:18355

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:肥前国忠吉(初代)
 
鞘書:肥前国忠吉 初代 長壱尺六寸三分予有し 昭和丁末年晩秋 寒山誌

新刀:最上作:最上大業物:肥前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は肥前国忠吉としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着一重
刃長:50.7センチ
反り:1.0センチ
目釘穴:2個
元幅:2.8センチ
先幅:2.3センチ
重ね:0.6センチ
時代:江戸時代慶長の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りやや深く付き
切先が延び元幅と先幅があまり変わらず
帽子大きくのびた慶長体配をした作品。
彫り物:表には草の剣巻き龍と独鈷を彫り裏には素剣と独鈷をほる。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が厚く付き精良な地金となる、
刃紋:錵出来、匂口やや深く刃縁柔らかく足良く入り
細かな刃も匂口深く品格がある、
帽子: 錵出来のたれごころに丸く返る

特徴:新刀期における肥前刀は極めて重要な位置を占め、
主流の忠吉家をはじめ各流派が出て展開した。
初代忠吉は肥前長瀬村(現在の高瀬村)で元亀三年(1572)に生まれ、
橋本新左衛門と称し、元は武家であったとも言われる。
祖父は内蔵允盛弘といい竜造寺家に仕えたが、天正十二年(1584)島原で戦死。
父壱岐守道弘も祖父と同年に病歿す。忠吉は十三歳で
長瀬村の某鍛冶工(肥後同田貫善兵衛)の家に倚り刀剣鍛法に従事した。
慶長元年(1596)藩命により一門の宗長と共に京の埋忠明寿門に入り、
忠吉は鍛刀を、宗長は彫刻を学んだ。慶長三年(1598)に帰国。
佐賀城下に転任し佐賀藩鍋島家の抱工として活躍した。
最初の年紀作は慶長五年(1600)二十九歳に始まる。
元和十年(1624)再び上京して同年二月三十日改元、
寛永元年(1624)五十三歳で武蔵大掾受領後に忠広と改銘。
同年帰国。寛永九年(1632)八月十五日六十一歳で没した。
初代忠吉は約三十年にわたって作刀したが駄作がなく
どれも水準以上の出来が優れたものである。「肥前国忠吉」と五字銘に切った為、
五字忠吉と通称がある。京の國広と並び賞される新刀の名工で
新刀最上作にランクされ、最上大業物。
忠吉家では二代忠広、七代忠広を除き代々が忠吉銘を踏襲した。

拵:上々作の見事な突兵拵え
鍔:楕円形の鉄鍔に耳を広くとり風景の図柄を金で色絵をほどこす。
縁頭:鐺:鉄地に龍などの図柄を金で色絵をほどこす。
鞘:変わり塗り鞘。
目貫:赤銅地に木の実の図柄を高彫りし金の色絵をほどこし透かす。 
古美濃と思われる出来の良い作品です。

葵美術より一言:正に誰でもが一度は保有を願う初代五字忠吉の脇差です。 
慶長新刀といわれた元幅と先幅があまり変わらない切先ののびた
体配の良い作品で表裏に草の剣巻龍と独鈷、
更に裏には独鈷と剣が見事に彫られた作品です。
本作は特に地金が良く肥前最盛期の地金とはやや異なり
延寿当たりを思わせる最良の地鉄となり刃紋は直刃出来、
匂口が深く足、葉も同様に柔らかな葉縁をしております。
切先の刃紋は匂口が深く煙る様な掃掛となり正に品格のある名品と言えます。
是非この素晴らしい五字忠吉を是非お求め下さい。
銘振りから慶長15年ころの作品といえます。

時代背景:慶長15年頃 1611年 江戸城の本丸が完成する。


江戸城完成

葵美術正真鑑定書:特別保存刀剣鑑定書
全身押し形

価格: 1,650,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ