脇差:肥前国大和大掾兼広

ご注文番号:18473

脇差:白鞘入り、拵え付き

銘:肥前国大和大掾兼広

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は兼綱としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重岩石はばき

刃長:1尺8寸(54.57 センチ)
反り:4分55厘 (1.4 センチ)
目釘穴:5個
元幅:2.87センチ
先幅:2.22センチ
重ね:0.69センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ね尋常で表裏に棒樋を彫り、添樋を彫り反りやや深く切先が延びた応永頃の体配を想わせる
姿の良い脇差し
地鉄:小板目肌の杢目が混じり地錵が付きよく練れた地金となる。
刃紋:錵出来直刃に小足が入り帽子丸く掃きかけて返る。

特徴:肥前大和大掾兼広は国広(肥前)の子で橋本六郎兵衛と称し脇肥前ではあるが独特な作風が
多く地金は肥前独特な小糠肌ではなく初代忠吉に似ており美しい地金となる。
刃紋もやや締まり心の刃となり匂口が締まり冴えた作品が多い。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に中国の故事からとった7賢人と竹薮を透かす。
縁頭:赤銅石目地に波の図柄を高彫りし銀地及び金の点象嵌で波の飛沫を表す
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地に小舟に乗る船頭を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚子地に糸と駒を高彫りし金の色絵をほどこす。士
小刀:菊紋:日本鍛冶宗匠伊賀守藤原金道

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 250,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ