脇差:無銘 新刀 高田あたり

ご注文番号:16783
脇差:拵え入り
銘:無銘 新刀 高田あたり
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘としては普通作にランクされる作品です。
末研磨
はばき:銀二重
刃長:36.0センチ
反り:0.7センチ
目釘穴:2個
元幅:2.42センチ
先幅:1.85センチ
重ね:0.54センチ
時代:江戸時代初期頃
体配:身幅、重ねやや小振りで反りやや浅く鎬の高い大和物を思わせる脇差
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き肌立つ
鎬地:小板目肌柾に強く流れる
刃紋:錵出来直刃、帽子二重刃となり大きく丸く返る。刃区より直刃、やや滲みごころでその先直刃は紋が明瞭となる。
特徴:地鉄、刃紋から江戸時代寛文頃の作品と考えられます。
拵:
鍔:円形の赤銅無地  献上鍔
縁頭:赤銅魚子地に武者の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。 藻唐子宗典
鞘:黒石目地に梅の花と枝を描く
目貫:弓を持つ武者の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。藻唐子宗典
小柄:赤銅魚子地に菊の花を高彫りし金の色絵をほどこす。
小刀:田代源一兼元作
葵美術より一言:恐らく大小セットの小(脇差)と考えられる作品で藻唐子の赤銅魚魚子地目貫も同様な作品で
出来も良く当時威儀を正して登城する際かなり高禄の侍が所持していたのではないかと考えます。小脇差は豊後高田あたりの作品と考えます。
葵美術評価鑑定書:全身押し形
 
価格: 180,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ