脇差:無銘(石州貞綱)

ご注文番号:18579

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(石州貞綱)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(石州貞綱)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
登録証番号:
はばき:素銅地と銀の二重はばき
刃長:57.6センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:1個
元幅:2.87センチ
先幅:2.14センチ
重ね:0.62センチ
刀身重量:580グラム
時代:南北朝時代
体配:大摺上無銘で身幅がやや広く、重ね厚く
反り浅く大切先の南北朝体配をしたほぼ刀のサイズの大脇差。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き肌目が良く見て取れる。
刃紋:錵出来、足、葉よく入り刃中、砂流、金筋が働く。
帽子:乱れ込んで先掃掛、金筋が働く。

特徴:初代石州貞綱は、古来本阿弥家により
相州正宗十哲の一人に数えられた名工直綱の子と云われる。
石州(現在の島根県)は古来より製鉄が盛んに行われた地で、
一派は大いに繁栄した。貞綱は三代を数える。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に植物の葉を透かし彫りをほどこす。刀匠鍔
縁頭:四分一地に老人が梅の木と花を
観賞している図柄を高彫りし銀と金の色絵をほどこす。
鞘:黒石目地鞘
目貫:龍を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作は大摺上げ無銘で元々、
刀の長さを何らかの理由で脇差にした作品です。
地鉄は北国物の典型で板目肌が良く練れており、
刃紋は互の目乱れに刃中の働きが横溢で砂流
金筋が良くはたらき帽子は乱れ込んだ直綱を思わせる出来の良さです。
拵えも丁寧に良く出来ており状態も完全です。

保存刀剣鑑定書
葵美術鑑定書:全身押し形

価格: 500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ