脇差:無銘(片山一文字)

ご注文番号:18549

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:無銘(片山一文字)                       

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(片山一文字)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着二重
刃長:51.5センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:1個
元幅:2.64センチ
先幅:1.78センチ
重ね:0.56センチ
時代:鎌倉時代末期
体配:大摺上無銘で身幅、重ねやや狭く
反りが適度に付き切先が延びた作品です。
地鉄:小板目肌無類に良く詰んで地錵が厚く付き映りが表れる。
鎬地: 小板目肌よく詰んで刀身の地金と変わらず
差裏の中程に大肌が出る。
刃紋:小錵出来丁字乱れ、匂口がやや深く
刃中、砂流、金筋が表れ帽子乱れ込む

特徴:片山一文字派は福岡一文字則房が片山に移住したために
この呼称が呼ばれている。則房は同時時期の助真、吉房と並んで
特に華やかな丁字乱れを焼き、鎌倉中期の一文字派を
代表する刀工であります。従来片山は備中国であるっと考えられていたが
近年備前福岡近辺の片山ではないかとする説が唱えられ、
今後の研究が待たれます。研磨をすることでより良くなると思います。
重要刀剣が狙える作品と考えます。

拵:
鍔:木瓜形の赤銅魚子地鍔に秋草、秋虫を高彫りし金で色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚子地鍔に秋草、秋虫を高彫りし金で色絵をほどこす。
鞘:変り塗と印籠刻み鞘
目貫:弓矢の図を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:一文字には古一文字、福岡、吉岡、片山、
岩戸一文字(一説には正中)がおり最も華やかな福岡に続いて
吉岡一文字が有名で吉岡一文字は福岡一文字に似ているが
穏やかな作風と言われているがなかには福岡一文字と
変わらない様な作品がありその鑑定評価はかなり揺れた部分がございます
本作の作品は吉岡ともとれる作品で抜群の澄んだ
品格のある地金と匂口の深い直刃のたれを基調として
匂口の深い互の目乱れに金筋が長く働く傑作刀です。
ぜひこの鎌倉時代中期ころの名品を是非お求め下さい。

葵美術正真鑑定書:特別保存刀剣
全身押し形

価格: 1,300,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ