脇差:無銘(海部あたり)

ご注文番号:18016

脇差:拵え入り

銘:無銘(海部あたり)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(海部あたり)としては普通作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:36.5センチ
反り:0.7センチ
目釘穴:1個
元幅:2.96センチ
重ね:0.58センチ
時代:江戸時代末期
体配:身幅が広く重ねしっかりとした短刀
地鉄:小板目肌詰んで地錵が付き肌立つ地金。
所々小瑕あるがさほど目立たない。
刃紋:錵出来直刃

特徴:出来から地鉄に荒れた部分が見て取れ海部刀に酷似する。
海部刀とは、徳島県の海部で刀剣制作をおこなった刀工群で南北朝時代から江戸時代末期迄続く。
軽卒の脇差として重宝された。 
鑑賞というより切れ味を重視して制作され地鉄の荒れが目立つ作品が多く。

拵:
鍔:円形の鉄鍔
縁頭:赤銅地に線模様を刻む。(頭部分に割れがあります)
鞘:黒呂色鞘。鐺に鉄を入れる。
目貫:赤銅地に巻藁と鳥を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:地金から本作は海部あたりの作と考えられます。
珍しい形をした縁頭が付いております。

葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 150,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

ページトップ ご注文フォーム お問合せ