脇差:無銘(宇多)

ご注文番号:18343

脇差:拵え入り(保存刀剣)(委託品)

銘:無銘(宇多)   

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘宇多としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地 一重はばき。
刃長:47.4センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.50センチ
先幅:2.0センチ
重ね:0.5センチ
時代:室町時代中期頃
体配:大摺上げ無銘で身幅、重ね尋常な
反り浅く切先が延びた体配の脇差
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き白気映りが淡く現れる。
刃紋:錵出来直刃に小足が入り潤む。
帽子:丸く返る。

特徴:宇多派は、鎌倉末期の古入道国光を祖として、南北朝時代に
国房、国宗、国次などの刀工が活躍し、同名相次いで室町末期に至るまで栄えている。
同派は大和伝と相州伝の両方が加味された作風をしている。
その作風、造りから、室町中期の宇多と鑑せされる。

拵:
鍔:楕円形の鉄鍔
縁頭:赤銅魚魚子地に松の木を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒石目地鞘
目貫:オタマジャクシの図を高彫りする。(金無垢かも知れません)

葵美術より一言:地鉄と刃紋から室町時代中期頃の宇多と鑑せられる作品です。
地金も良く刃紋は直刃出来明るく冴えております。
拵えも良く出来ており健全であり目貫は時代はやや若いと思われますが
金無垢と思われます。

保存刀剣鑑定書
葵美術鑑定書:全身押し形
    
価格: 170,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ