脇差:無銘(越前新刀)

ご注文番号:13070

脇差:拵え入り

銘:無銘(越前新刀)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:銀と真鍮の二重はばき。
刃長:38.1センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.76センチ
重ね:0.53センチ
刀身重量:315グラム
時代:江戸時代初期
体配:菖蒲作の品で生茎で身幅、
重ね尋常な反りやや深く付き。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き地景が入り大肌が表れる。
鎬地:板目肌に柾がかる。
刃紋:錵出来直刃、締まり刃中、砂流、金筋が
働き二重刃となり切先、焼き詰めとなる。

特徴:地金と刃紋を良く精査しますと越前新刀、
又は関物にも見てとれるが越前新刀はこの手の体配の作品が
多く当社では越前新刀と判断させて頂きました。

拵:
鍔:木爪型四分一地に表にはヘチマの図柄を高彫りする。
裏には蝸牛の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に松の木と大黒様の図柄を高彫りし
金の色絵をほどこす。
鞘:黒漆鞘
目貫:赤銅地で大黒様の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:地金と刃紋を良く精査しますと
地金の良さと刃紋の働きに大和気質が窺え楽しめる作品です。
また拵えはシンプルな中に面白い画題を使って楽しんでいた
侍の姿を思いほっと致します。
    

葵美術鑑定書:全身押し形

価格: 180,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

 


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ