脇差:無銘(越前下坂)(片切り刃)

ご注文番号:18607

脇差:白鞘入り

銘:無銘(越前下坂)(片切り刃)
                        
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(越前下坂)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着せ一重
刃長:1尺0寸8分(32.73センチ)
反り:1分5厘 (0.455センチ)
目釘穴:2 個
元幅:2.68センチ
重ね:0.52センチ
刀身重量:225グラム
時代:江戸時代初期頃
体配:片切り刃
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が良く付き精良な地金となる。
裏面は十分な研磨がされていない為地肌が肌立つ。 
研磨を施す事で表面と同様になると考えます。
刃紋:錵出来、匂口の深い互の目乱れとなり
刃中、砂流し、細かな金筋が入る。

特徴:片切り刃の制作は江戸時代初期の作品が多く
得に越前新刀に多いまた海部刀にも多く見られます。
地金は青黒く澄んで精良な地金となります。
初代康継を思わせる作品でこれだけ地金が詰んで
肌を出すかなり技量の優れた刀工であると考えられます。
表裏に彫られた角止めの樋は見事です。

葵美術鑑定書:全身押し形

価格: 100,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ