脇差:無銘(直江志津) 

ご注文番号:16123
脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)
銘:無銘(直江志津)
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(直江志津)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着せ一重
刃長:48.6センチ
反り:0.9センチ
目釘穴:1個
元幅:2.84センチ
先幅:2.74センチ
重ね:0.68センチ
刀身重量: 455グラム
時代:南北朝時代
体配:大摺上無銘で長巻を直した作品で
当時は相当長かったであろうと考えられる作品です。」
地鉄:板目肌肌立ち、地錵が良く付きが良く付き
地景が入り肌目が良く見てとれる。
刃紋:小錵出来匂口の柔らかな互の目乱れに
尖り互の目乱れが混じり足が入り切先、焼き詰めとなる。 
特に差裏の地金は素晴らしく地景が黒く入り、刃中には砂流し、金筋が働く。

特徴:本作は日本美術刀剣保存協会発行の鑑定書では「直江志津」と鑑せられている。
直江志津は正宗十哲の一人である兼氏を祖として美濃国志津の地に活躍した一派が、
南北朝時代に同国直江に移住したものの総称である。
直江の刀工として兼氏,兼次,兼友,兼信等が有名でありますが、在銘の作は少ないと言われる。
本作は地刃の出来が優れている。

葵美術より一言:特に地金の良さが感じられ、地景の入った強い地金は
魅力があり地金にやや大板目があるものの地金は誠に良く出来ております。
あなり優れた研磨師によって研磨が施されたといえます。
現在特別保存刀剣が付いております。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 600,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ