脇差:無銘(波平)

ご注文番号:15823

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)(特別保存刀装具)

銘:無銘(波平)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘 波平としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:1尺9寸7分(59.7センチ)
反り:5分(1.52センチ)
目釘穴:3個
元幅:2.49センチ
先幅:1.77センチ
重ね:0.67センチ
時代:室町時代初期
体配:摺上げ無銘で身幅、尋常な重ね尋常で
表裏に棒樋を彫り切先尋常な体配の優雅な作品
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き柾目に流れ
肌目よく見てとれ白気映りがあらわれる。
刃紋:小錵出来直刃、明るく冴えて帽子丸く返る。

特徴:波平一派は平安時代末期から始まり、その流れは江戸時代末期まで続く。
平安時代、鎌倉、南北朝時代の作品を古波平と室町時代初期の作品を単に波平と称す。
作風は豪壮な作品から細身の作品があるがどちらも刃紋は直刃出来に
小足、小乱れの作品となり地金は練れて大肌の作品で
地金が良く見てとれ中には綾杉肌を思わせる作品もあり肌物と称される作風となる。

拵:太刀拵え 特別保存刀装具 江戸時代末期
金沃懸地貝海松蒔絵毛抜太刀拵
総金具 波海松図  無銘
鍔:どっしりとした太刀鍔で大切羽2枚 海松波図 無銘
柄:海松波毛抜形図惣金地着
目貫:海松図

葵美術より一言:波平は古来海軍軍人から好まれた理由は
波が平となるという理由で人気を博した。
本作は地肌が練れて肌立ち大板目に柾目の混じった地金で他国の作風とは異なる。
薩摩が誇る波平は九州物である。 本作は西蓮、金剛兵衛に酷似した作品で
良く練れた地金に映りが表れた体配の良い優美な体配をした作品です。
毛抜太刀は現在特別保存刀装具が付いており、江戸時代末期から明治初期の精巧な見事な拵えです。
代々大名家に伝えられた波平の刀(当時古波平として伝えられた)に合わせて制作された作品です。

保存刀剣
特別保存刀装具
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 2,500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ