脇差:無銘(当麻)

ご注文番号:19013

脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:無銘(当麻)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(当麻)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:木はばき
刃長:56.8センチ
反り:0.5センチ
目釘穴:2個
元幅:2.65センチ
先幅:1.71センチ
重ね:0.60センチ
時代:鎌倉時代
体配:大摺上げ無銘で身幅、重ね尋常な反りやや浅く
切先延びごころの体配をした作品
地鉄:板目肌に杢目肌が良く交じり地錵が付き
綺麗な地金となり地景が良く見て取れる
鎬地:板目肌の大杢目肌混じり所々柾目が見て取れる。
刃紋:小錵出来、直刃に匂口深く二重刃が混じり
刃中、細かな金筋が働き帽子丸く匂口深く返り先掃掛となる。
刃紋は明るく冴えた作品で匂口深く刃縁が柔らかく見事な作品といえます。
        
特徴:大和には手掻、尻懸、当麻、千手院、保昌などの各派が存在した。
当麻は鎌倉時代末期に現在の奈良県北葛城郡当麻町の当麻寺近辺
にいた刀工群を当麻一派と称しおそらく当麻寺所属の刀工だったと言われている。
國行を祖とし有俊、有清、有行などが有名である。
作風は板目肌が強く表れ、沸出来の直刃、小乱れが特徴である。
本作は当麻として鑑定された作品でその中でも
最も評価される匂口の深い直刃乱れの作品で明るく冴えた刃紋となり
帽子も同様なふんわりとした刃紋に先、掃きかけた見事な出来をした作品です。

葵美術より一言:大和には多くの刀工が活躍しておりました。
その中で最も知られた刀工は当麻、保昌が人気の発頭かも知れません。 
当麻には山城に見える抜群の地金をした行光がございますが
当麻の傑作刀は本作同様に匂口の深さと刃中の金筋と地金の良さと言えます。
是非ご購入されお楽しみ下さい。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 450,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ